誕生日が10月10日の人についての診断、運勢と運命

[この日に生誕した方を表現すると]

疑い深さが行き過ぎ、疑心暗鬼と自己嫌悪を生み出すでしょう


[属性エレメント]


概要

 理想を追求したいと思う気持ちと、現実的で地に足を付けてじっくり考える安定志向の気持ちとが入り混じり、複雑な感情を併せ持つのがあなたです。

 高い知性と観察眼によって、注意深く人と関わります。

 より広く人脈を広げたいと思う気持ちもあれば、騙されないよう用心深く接するあまり、思い通りに進まない交友関係に苛々する事もあるでしょう。
 こうした「望む事」と「現実とのギャップ」つまり乖離は、あらゆるシーンで登場します。
 特に恋愛において強く現れる傾向があり、あなたを心から愛してくれる人の存在を理解しつつも、心のどこかでは愛情なのか、同情なのか、もしくは別の目的なのかと疑い、その猜疑心を抱いた自分自身が自己を嫌悪する構図が発生しています。

 言わばボートで前進するために漕いでいるクルーと後退するために懸命に漕いでいるクルーとが共存している状態と言え、自分の方向性が定まっていないのです。


 水瓶座は、斬新で新しい物事への発掘や挑戦を志向させます。そのためあなたは志向が保守的に陥っても、心のどこかでは常に新たな方向を見つめて行動したいと思っているでしょう。
 自分自身が保守的に陥るのは、経済的な不安感が強い時に特に現れます。そのためあなたが自由に自分の才能を発揮するためには、ある程度の物質的なゆとりが必要です。 


 物質的な欠乏を感じている時、一つの考え方に固執してしまい、これが足枷となってなかなか固定概念の罠から抜け出せない場面があります。あなたを救う周囲からの忠告や助言から耳を遠ざけてしまい、物事を冷静に見つめられない状況が生まれるのです。
 しかし、一端安定感を手にすると大胆で心にゆとりと優しさが戻り、人間関係や恋愛関係でも全てが好循環に回転し始めます。
 ここで言う安定感とはまず1つが経済的自立、対人関係の修復、そして自らが進むべき目的の設定です。


 あなたを脅かす全ての物事や人物へ、敵意を持って接する考え方は改める必要があるでしょう。
 そもそも敵意とはあなたの単なる固定概念である場合が多く、実際にはあなたを成功へ導いてくれる人物かもしれないのです。
 周囲を注意深く観察する眼は素晴らしい才能ですが、大切な事はそこに固定概念や自分の浅はかな評価基準を設けない事です。

 様々な人生経験によって固定概念が取り除かれると、優れた知性や感情がさらに研ぎ澄まされることになり、経済的な富と精神的な安定を手にする事が出来るはずです。


[10月10日に生まれた方へ想いを届ける方法]

 他者になかなか心を開けず、常に孤独に過ごしている、もしくは自ら孤独を選択して生...続きを読む





Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳