今回はもう一人の上司にあたる女性から、パワハラな言葉を毎日受けており
その人との関係性について相談したいと思いました。

初めてその人を見たとき、意地悪な雰囲気だな、、というのが第一印象でした。でもやはり当たっていた感じです。

ですが、、その人から時々垣間見る笑顔はソフトで可愛いく、本当は私よりも情にもろく優しいひとだと思います。
なのに、なぜだろう、私に対してパワハラめいた言葉、言葉の暴力をしてきます。
とても良いものを持っているのにもったいないと思います。

毎日重箱の隅を楊枝でほじくる感じで細かいところまで指摘してきます。
ここまで言う??と思うくらい人格を否定することに深く入ってくるときがあります。

細かいことを気にしてしまう彼女がなんだか可愛そうに見えるときもあります。(感性で生きている私が悪いのか、、)

反面上の立場にいる人に対しては腰がひくい態度になります。

当然ながら、彼女は仕事は早く私よりもできますので、私も何も文句を言える立場ではないのですが。

彼女を変えることができませんので、どうすれば、私が彼女を好きになれますか?
この先彼女とどういう態度で接していけば仕事が楽しくできますか?

ちょっと話が長くなります。。
余談なんですが、ずっとまえに管理人さんに今の職場とは違うところで働いていたときに、或る同僚女性2人のことで悩み相談したことがありました。

一人目は10歳離れた年上の同僚でした。
私とは真逆の性格で、結構彼女とは職場内で対立して、ちょくちょく彼女と火花をちらす場面もありました。
生理的に無理、、と感じて管理人さんに相談したことがありました。

管理人さんからは、思い切って相手の懐に飛び込んでみては?という言葉を頂きました。
ほどなくして、やはり、自分の魂が彼女といると泣いていることに気が付き、退職をきめました。
でも不思議に彼女も私と同時期に退職したんです。
でも退職してから彼女と連絡をとるようになり、仕事でない時の方が仲良くできることに気が付きました。
美術や芸術に対する感性は彼女と共感できる部分もあり、本当に困ったときはこの人が私の良き理解者だろうな、これからも彼女を応援してあげたいとかんじております。
彼女は7月31日生まれで、当時はもう嫌いだ!と思った人なのに、今では大切な仲間です。

もう一人は、年下の同僚女性で、お金を貸してほしいと言われたときに、そのことを上司に話すべきかどうかを迷い私は管理人さんに相談したことがありました。
でも月日が経ち今おもうと、彼女のことを想うのだったら、お金をかしてあげればよかったな、と深く反省しております。
でも彼女はとても優しく強い人なので、私がお金を貸すことがきないといった時も、いつもと変わらない態度で接してくれたのが印象てきでした。
今ではその二人に出会えたことに感謝しております。

話がながくなり、すみません。
でも管理人さんへのお礼も兼ねて聞いてほしくて、書いてしまいました。

話を戻しまして、

上司女性5月8生まれ
私11月20日生まれ

簡単にその人を嫌いになりたくはない為、今回も相談させていただきました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

2件のフィードバック

  1. 人との巡り合いとは不思議なもので、そこに確実に縁というものがあります。

    以前、他の方のコメントにも書かせていただきましたが、音叉は同じ周波数に共鳴する、これは大宇宙の真理であり、世に存在するすべてのものは同じ波動に同調して振動します。

    人が感情的に好きとか嫌いというものは、宇宙から見れば良いも悪いもないことで、そこには関心があるという波動です。
    そのため、どんなエネルギー・ベクトルにしても、その人に関心があるということは、あなたとその方に縁があるという事です。

    もし本当に今の自分に不必要なものや人であるならば、スコトーマが働いて脳が情報を無意識に振り分け無関心となるからです。

    ご相談にあった、今回の上司の方ですが、彼女はおっしゃるようにご自身に自信が無いように思います。
    上司に対して腰が低く、あなたに攻撃的で人格まで攻撃してくるということは、言い換えれば、その言葉は自分に言っているのも同じで、その方自信がご自身の性格、人格、仕事のやり方など、あなたに言っていることと同じ悩みを抱えているとも言えます。

    幸い、あなたはその方の指摘について冷静で、具体的なアウトプットへの注意、人格にまで踏み込んでくる言い方などを、ちゃんと理解しているので、まだゆとりはあると思います。
    多くの方は注意されたとき、仕事の成果ではなく人格を否定されると「自分はダメな人間だ」と落ち込み、精神的に参ってしまうものです。

    この点、あなたはとても大人な対応ができており、かつ、器も広く、今は彼女を受け止められる存在なのでしょう。

    正師を得ずに我流で教育を指導してきた人、これは特に未熟な親にも言えますが、そういう人の多くは人を成長させるための注意の仕方ではなく、ものごとをうまく丸くおさめるための注意や、自己の負担を減らすために相手に負担を強いる指摘をします。

    おそらくこの方も、人に対して指導の仕方を学んでいないか、まだそこまでのレベルに達していないのかもしれませんね。

    私の個人的な感想ですが、特に仲良くする必要もなく、距離をとるわけでもなく、自然体でしばらくかかわり続けるのがよいのかなと思います。
    人を指摘したり怒ったりするのも、非常にエネルギーが必要です、日ごろのストレスをあなたにぶつけているとも考えられますが、いづれそれも和らいでくると思います。

    ただ、あなたがその方と親睦を深めたいと思うのなら、1日1つ、その方の良いところを見つけ、話しかけ、タイミングを見てそのことをほめてみてはいかがでしょうか?

    誕生日的にみると、あなたとその方とはそれほど深い関係性は無いようにも思いますが、仕事をする上でその方とのかかわりがどうしても必要ということであれば、たとえ人格にまで踏み込んできたとしても、言ってくれてありがたいと思い、あなたから近づく努力は必要でしょう。

    1. ありがとうございます!

      管理人さん、今回も相談にのっていただきありがとうございます。
      いつも心に寄り添ったお言葉をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです!
      一日一回相手の良いところを見つけるのもよい行いですね。
      そして良いところを言葉で伝えるのも、けっして損ではないですよね♪
      これを毎日続けていけば、私の心も綺麗になれるでしょうか。。なりたいです!
      なにか悲しい感情に支配されそうなときにも、管理人さんの言葉をお守りにします。
      また、相談にうかがいます。
      私の心が旅経つまで、どうぞお付き合い願えたら心強いです。

      この度もありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です