はじめまして。翌年度就職する大学生です。

色々あって医学部を働きながら受験しようと思っており、就職後はなかなか勉強時間が取れないため、現在勉強を集中して行おうと思っております。


しかし、現在の大学における課題・卒業論文や、就職先の資格取得に時間を割く必要があり、それが医学部受験の勉強時間を減少させるため、ストレスとなってしまっています。

また、現在は卒業旅行シーズン等のプライベートの誘いも多くなり、それも歯痒くさせる要因になってしまっています。
さらに、親が理不尽なことで絡んでくることや、自室を与えられず自宅で勉強が満足にできないため、そのことも受験のハンデになってしまうのではないか、、と焦ってしまっております。

受験勉強時間が減少する焦りもありますし、自身はストレスを原因とする持病を患っているため、色々不安です。
いい対処法がありましたら教えてください。

1件のフィードバック

  1. ご相談拝見しました。

    就労をしつつ医学部を目指す、とても困難な道のり化と思いますが、素晴らしい目標ですね。
    この世の中で、国境を越えて人々の役に立ち、命と心をつなぐスキルは、医学と音楽、そして料理だけではないかと私は常々思っています。

    AIがどれほど進歩しても、この3分野は人の感情が関与する部分なので、代替は不可能ではないかとも思います。

    さて、ご相談の返答です。
    まず厳しいお言葉から始めます。

    >現在の大学における課題・卒業論文や、就職先の資格取得に時間を割く必要があり、それが医学部受験の勉強時間を減少させるため、ストレスとなってしまっています。

    返答:それはあなただけではないはずです。
       それも含めて、あなたは就労しながら医学を目指すことを決めたのでしょう?

    >現在は卒業旅行シーズン等のプライベートの誘いも多くなり、それも歯痒くさせる要因になってしまっています。

    返答:もし医学と就労の道を目指すと決めたのなら、両手に荷物は持てません
       何かを手放して、必要な荷物に持ち帰る必要があります、プライベートも、学業も、就職活動もというのは、
       あなたのわがままでしょう

    >親が理不尽なことで絡んでくること

    返答:この相談コーナーを見ていただくとわかると思いますが、あなた以上に親の干渉を受けている方はおります。
       むしろ親の干渉は想定の範囲内として勉強してください。

    >自室を与えられず自宅で勉強が満足にできない

    返答:今の住環境を考えると、部屋を与えられない人など山ほどおります。
       それが学業の妨げになる程度なら、あなたの目標もそれほど高くはないでしょう。

    と、厳しいお言葉お掛けましが、もしあなたが就労をしながら医学を目指す場合、今よりさらに過酷な時間マネジメントや障壁が現れますよ。
    学生のプライベートなお誘いと違い、社会人の交流は断れないことが多々あります。

    また社会人初歩では、学ぶことが多く、学業との両立は今より困難でしょう。

    そうした社会人になってからの耐性を作るために、今、あなたに神様が試練を与えているようにも思います。

    相談を読み返すと、すべて言い訳にしか聞こえません。
    本当に厳しいお言葉で申し訳ありませんが、これが現実です。

    私の話をしますと、私は22歳で両親を亡くしました、財産もほとんどなく、社会人1年目から天涯孤独で生きていました。
    生活費や自己投資の費用などはすべて自分で稼ぎつつ、様々なチャンスを見つけては走り続けました。
    周囲から見たら、大変だったでしょうといわれますが、正直あまりにも考える事、対処するべきことが多すぎて、大変などと考えている暇さえありませえんでした。

    あなたは素晴らしい意欲と目標をお持ちです。
    その信念を今一度振り返り、なぜ医療を目指したいのかをしっかり心に落とし込み、取捨選択・選択と集中をしてみてください。
    道を選ぶということは、分かれ道であれば、どちらかをあきらめるということです。

    良い顔をしながら目標を達成することはできません。
    与えられた環境の中で、自分なりに最高の状態を構築する。

    この応用力こそ、社会人になってから活かされる能力ですから、思考を少し変えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です