別れるという判断に自信がなく、3年半の重みが辛く相談させていただきます。

元々、自分と彼は全く違う性格であると分かっていました。

しかし、その違いを楽しめそうだと付き合い始めました。

衝突も多かったけれど、私は彼から好かれていると感じていました。

なので、お互い様だと思うようにして付き合ってきました。

ですがとうとう、自身の努力の限界を感じてしまいました。

彼も彼なりに、慣れないことに付き合ってくれていました。でもどうしても、これ以上お互いに努力できなくなってしまったのです。

わたしは元々、自身の感情を言葉にすることが苦手です。

彼から「言ってくれないと分からない」と指摘されてからは、できるだけ内省して、言葉をまとめて、相手にどうして欲しいのか端的に伝えるようにしていました。

ですが、どう工夫してもわたしの「気持ち」が伝わらず、壁に向かって話をしているような感覚がずっとありました。

ロボットのような反応が返ってくるばかりです。

元々自分の気持ちを伝えるのが苦手で苦手なりに頑張っていたけれど、この人には一生伝わらないのだと感じてしまいました。

しかし、彼も彼で「よく分からないことを訴えてくる。理解したいけど、よく理解できない」と感じていたと思います。

理解しようと努力してくれているのは分かりますが、やはりわたしの伝えたいことと彼の解釈は、ずれてしまうのです。

わたしが耐えかねて感情的に訴えても「なんか怒ってるな」という感じでぽかんとします。

そのわりに、彼は「俺のこと好き?好きって言ってよ」としつこく聞いてきます。
わたしの「気持ち」は伝わらないのに、わたしの「好き」を求められることに疲れてしまいました。

長々と書いてしまい申し訳ありません。

結局のところ、どちらか一方に非がある、とは考えておりません。

しかし、別れるという選択は、おそらく変わらないと思います。

自分の考えに自信がなくなり、管理人さまの意見をお聞かせいただきたいと思いました。

拙い文章で失礼いたしました。よろしくお願いいたします。

1件のフィードバック

  1. 恋と愛、似たような意味合いなのにあえて言葉が分かれているということは、そこに明確な差があるからです。
    自分の欲望を満たしたい、相手のメリットも考えるけど、自分もその対価が欲しいという状態は、恋に近いと言えます。

    一方、愛は相手に対して何かを行ったとしても、そこに対価を求めない行為です。

    厳密にいえば、自己実現しているという意味では、愛も自我を満たすものだという意見もあるでしょうが、私は恋は対価を求める交際、愛は対価を求めない交際だととらえています。

    彼はおそらく感情をくみ取ることが苦手なタイプなのでしょう。
    稀に人の感情を理解できない、しにくい人がおります。
    これは幼少期の経験が大きく影響しているかもしれません。

    そしてあなたの言葉を欲するということ、承認欲求が強いことを考えると、彼はあなたとの交際では、まだ愛の状態に達していないと言えます。

    あなたは言葉にして伝えるのが上手ではないと言いますが、言葉に得手不得手はありません。
    大切なのは、その言葉にのる心、感情で、それを受け取る人の度量の広さです。
    話すことが苦手な人や、声を失った人でも、心のこもったコミュニケーションは人に伝わるものです。

    彼はあなたの言葉がなければわからないと思っているようですが、日ごろの態度ではいかがですか?
    あなたの態度で彼は何も気づかないのでしょうか?

    もしその彼の態度、受け止め方に関してあなたと波長が合わないと思うのなら、関係は難しいのかもしれませんね。
    人も、物も、万物はすべて波長の合うもの同士が引き合うのです。

    大切に思う気持ちもわかりますが、波長の合う人と交流することがお互いの成長になると思います。

    あなたと別れても、彼が彼と波長の合う人と出会い交際すれば、それは彼の成長になるでしょう。
    あなたも新たな出会いがあるはずです。
    情が行動を阻害しそうなときは、何が本当に大切なことか、本質をよく考えて見て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です