先ほどは、大変丁寧なご助言を迅速にくださり誠にありがとうございました。

彼に対して自分本位な告白や嫉妬等はNGなこと、そして彼が不安を感じている際にこそ、追いかけそばにいることが重要であると分かることができました。改めてお礼申し上げます。

一方、頂いたご助言に対して追加で伺いたいことがありますので、誠に勝手なお願いとは存じますが是非教えて頂けないでしょうか。

先ほど頂いたご回答の中で、「彼は現在の二人の関係性を楽しんでるように見られる」と仰っておりましたが、なぜ彼が二人の関係性を楽しんでいるのかという点が気になっております。色々な人からモテたいという願望が彼にあることに起因しているのか、それとも意外な相手からアプローチを受けて楽しんでいるのでしょうか。

また、「彼が不安を感じている際にこそ追いかけそばにいるべき」とのご助言を頂きましたが、これは現在のアプローチを継続しつつ、彼が冷淡になった時にも怯まずに彼に対して連絡や二人で会う誘いをすれば良い、という認識であってますでしょうか。

こちらは補足になりますが、彼は一般的な医師ではなく研究医を目指しております。また、彼は仰るように実は自分に対して自信を持っているタイプだと思いますが、時々彼は私に自信のなさや不安を見せており、そこがとても愛おしい点でもあります。

追加でご質問させて頂き大変恐縮ですが、是非回答していただければ幸甚です。
よろしくお願いいたします。

1件のフィードバック

  1. 10月18日生まれの方は一見地味で素朴に見えるものの、内面は情熱的で情緒的であり、また涙もろくロマンティストです。

    そして性的な興奮を喚起しやすく、これは自分の感情を抑えているためであり、周囲から見たこの方の評価と、そばにいて見るこの方の評価の差になるでしょう。

    あなたとの関係を楽しんでいるというのも、この方の内にこもるエネルギーがそうさせているのだと考えたからです。

    一般的に言って、同性から通常ではほとんど無いようなアプローチ的な内容のメールやラインが送られてくれば、一定の嫌悪感を示すかもしれません。

    しかし、彼はそうしませんでした。

    彼のセクシャルがどのポジションにあるかは別にして、それに対応しているということは、少なくともあなたとの会話や関係を楽しんでいる、心地よいと感じているからにほかならないでしょう。

    あなたが不安に感じておられるのは、彼が孤独感にさいなまれ、悩みを抱え、一人で居たいと見えるとき、あなたが積極的にかかわることで彼に嫌われてしまうのではないか?うるさいと思われないか?そう思っておらるのでしょう。

    しかし、これはあなたが彼の事ではなく、ご自分の事を考えているためにわきあがる思考です。
    自分が嫌われてでも、彼のために何ができるかを考えるのが恋ではなく愛情です。

    こうした事から、彼がどんな状態であっても、そばに居られる勇気があるかという問いかけとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です