不衛生な出張先

寂れた港町へ出張することになった。
船で10時間、北の港へ到着し、そこからさらに小舟で数時間。

いったいそこがどこなのかさえもよくわからないまま船旅をし続けた。

港に到着すると、周囲には氷河があり、雪もちらつく極寒の地であることがわかったが、夢の中なので寒さは感じていない。

村で一番大きな家に仕事仲間5人で宿泊させてもらった。

おそらくこの集落ではかなりの有力者なのだろうが、それでも日本の価値観から比較すれば相当貧しい暮らしであることは間違いない。

寝室には洗濯されていないよごれた毛布とシーツ。

ぎしぎしと音を立てる木製のベッドには薄くて硬いマットが敷いてあるが、その上を赤い蟻がときおり歩いていた。

この極寒の地で生きている昆虫なのだ、相当生命力が強いだろうし、ともすれば私たち人体でさえ皮膚を食い破られるのではないかと恐怖心も強くなる。

出張の目的はこの場所に新たに商業施設を建築するための調査という内容だったが、おそらく出店しても物流が確保できず、店はすぐにとん挫するだろうと感じた。

食事は肉を出してくれたが、正直衛生面が気になった。

ほとんど黒焦げになっているが、この地で生きていた野生の、何かしらの動物の肉なのだろう。

肉皿に一緒に添えられていた果物は、元の大きさの10分の1くらいになったのではないだろうかと思えるほど小さく、おそらく水分が外に逃げこの状態になったのだろう。

それを考えると、この果物の経年数と同程度の肉が出されたとしてもおかしくない。

いくら焼いた肉とはいえ、さすがに食べるのは不安だった。

他の仲間はしっかり食べていたが、ここには病院もないし、薬も持ち合わせていない。

何かあったら不安なので、自分は食べない事にした。

それより寝る時の事を考えると憂鬱だった。

あの赤い蟻がベッドに這い上がってこない方法を考えなくてはならない。

「回想」

夢に登場する人物は、日頃一緒に仕事をしている知人が1人、あとの4人は見知らぬ人だった。

全員男性なのだが、衛星面が気にならないのが不思議だった。

言ったことも見たこともない場所にもかかわらず、招待された家にはどこか見覚えがあり、おそらく自分が幼少期に暮らしていた時の家だったのではと後から思った。

コメント (1)

  • 管理人さんの夢に時おり出てくる不衛生な場面が気になりコメントしてしまいました。何か葛藤があるのですか?
    ほんとうは蒼く澄んだ滝壺に静かに横たわっていたいような.. そんなものを感じました。
    私は最近、道に迷ってなかなか目的の家に着けず、やっと着いても遅刻。置いてかれてしまう夢をよく見ます。それも迷いの現れなのでしょうか。

    返信

Write a comment

CAPTCHA