おじいちゃんが夢に

「おはよう」と、背の高い祖父が明るい声で入ってきた。私も、「おはようっ」と答える。祖父の気さくな挨拶を意外に感じている。・・・ 戦争で片目を失った祖父は朴訥で、私にとっては気軽に話せない、少し近寄り難い存在でした。中学の …