メンタルの弱さを克服したい

小さい頃からメンタルが弱いです。

完璧主義なところがありますし、すぐ不安になって悪い妄想が止まりません。仕事にも影響が出ています。
どうしたら克服できますか?

「メンタルの弱さを克服したい」への1件のフィードバック

  1. 完璧主義の克服方法。

    こんにちは、管理人です。
    ご相談拝見しました。

    メンタルが弱い、完璧主義の傾向がある、不安症である。
    これらはいったん切り離して考えましょう。

    何故かというと、メンタルが強い人でも完璧主義の人はいますし、楽観主義の人でも一度不安の虜になると、抜け出せなくなる人がいるからです。

    まずメンタルについてですが、これは数々の困難を克服したり、成功体験をして強化するしかありません。
    肉体同様にトレーニングで強化できるものですから、実はそれほど悩むことでは無いのです。

    メンタルについて悩みを抱える多くの方は、やや保守的で冒険しない人であったり、リスクを背負って挑戦するよりも、現状を維持し保全することを選びがちです。
    このことが自分の経験値を伸ばさない要因となり、間接的にメンタルが強化されないのです。

    完璧主義については思考の課題であって、これは肉体のように鍛錬で改善できるものではありません。
    完璧主義の人は、その大半が自己嫌悪に陥ります。

    完璧主義の自分が理想とする高い目標と、現実の自分とを比較して落胆し、自己嫌悪するわけです。

    この思考の罠は、幼少期になんでも程よくこなし出来てしまった”中途半端スーパースター型”の人がよく陥ります。

    これは、あまりテスト勉強などせずとも、要領の良さとほどよい記憶力のおかげで試験でも70点~80点を取れてしまうタイプです。

    こういうタイプの方は、本気を出すことをせずともある程度世の中を渡り歩くことができてしまうため、自分の限界を知らず、かといってどん底を味わうこともなく、傷つかない程度に人間関係をこなすことができます。

    しかし、年を重ねるごとに周囲はどんどん精神的に成長し、成功体験を積み、良質な対人関係を構築していく中で、自分だけが取り残されてゆく感覚を覚えます。
    なんでもできてしまった自分のプライドと誇りが邪魔をして、周囲をどこか見下しており、自分はこの程度ではないと感じています。

    そして自分では、責任は全て自分にあるとよく理解しているつもりでも、その影響を外部環境のせいにすることが多く、そのためいつまでたっても成長できません。

    完璧主義から解放されるには、まずこの思考方法を変える必要があります。

    宇宙を見てみましょう。
    地球の円形、公転周期、銀河の形、どれを見ても完全なる円形ではありません。

    人も地球の自転周期と完全に同調しておらず、24時間よりやや短い人かやや長い人で分かれます。
    これを概日リズムと呼びますが、このおかげで時差ボケを解消できますし、夏時間と冬時間のずれを解決できる体内メカニズムを手に入れているのです。

    完璧主義の観点から見れば、完全なる円形を求めてしまう公転周期や、24時間ぴったり同調した体内リズムを求めるでしょうが、ほんの少し揺らぎ、ずれている事で得られるものが多くあることを知れば、完璧という思考がいかに脆いものかお分かりになるはずです。

    人の顔も思考も全て異なります。
    異なる事で摩擦が起き、そこで問題が生じ、解決する過程で私たちは成長するのです。

    完璧ではない事をむしろ歓迎し、自分の思考として取り込む事ができれば、不完全な自分を受容することができ、自己嫌悪する事もなくなります。

    そしてこのことは、メンタルの弱さを受け入れる事にもつながるでしょう。

管理人 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です