忘れならない元カレの事

20歳の時に付き合っていた元彼がいるのですが、別れても3年くらい引きずりまして、その間も時々会ったりしてましたが、やり直したいのになぜか言い出せないまま終わりました

その彼のことは、1番大好きで結婚してからも、なぜか時折り思い出し、何でだろうと思いながら、その頃は心理学を学んでいたので感情を感じ切ったりといろいろと試みていましたが、数年前にバッタリ偶然再会し、そこから焼けぼっくりに火がついたと言うか…彼から再会したときに、「やり直したいのに、見栄とプライドがあって言えなかった」と向こうも私と全くおなじことを思っていて本当にビックリしました

ずーっと会いたかった人に思ってると会えたのも奇跡でしたし、彼がきっかけで、私の概念が広がったりと私にとっての影響力がすごくある人で…
いろんなシンクロがありましたが、彼からは子供が私にいて悲しむからと、さよならすることになりました 
またもや2年くらい、ずーっと忘れられなくて、今でも、まだ時折り思い出します

そんな彼と私って、どんな関係なのでしょうか?
私って、そんなに誕生日的に執念深いのでしょうか?笑 できたら、まだ復縁できたらと思うほどです
他の昔の彼には、全く思いません 

よろしくお願いします

「忘れならない元カレの事」への1件のフィードバック

  1. ご相談拝見しました管理人です。
    何度か頂いたメールに返信をしたのですが、PCからのメールが受信されないようでした。

    さて、ご相談の内容ですが、人は時に運命の人・ソウルメイトという存在に出会い気づくことがあります。

    私、管理人は人にも物にも執着しないタイプですが、特定の人にはどういうわけか惹かれたり、関係が長続きしたり、空気感が合うというか不思議にリラックスできたり、また学んだりと、前世で家族か親友だったのではないかと思えるほどの人がおります。

    コラムのエントリーでも書かせていただいたかもしれませんが、これは人だけでなく宇宙に存在するすべての物質は調和をとっています。
    磁石がプラスとマイナスの時局があるように、互いの波長があえばぴたりとくっつき、反対に反発しあうことでエネルギーを発揮する場合もあります。

    人は感情がありますから、合わない人は嫌いと思いがちですがそれはそれで、嫌いという関心があり、そこから学ぶこと、気づかされることがあるため、大局的に見れば悪い事ではないわけです。

    毎日無数の人とすれ違い、出会っているのに、はるか昔に出会い、わずかな時間しか過ごしていない人の事を忘れられず、記憶の片隅にあるというのは、自分の潜在意識がその人との相性に気づいているからでしょう。
    それはとても大切な出会いだと思いますし、そおらくそうした出会いは、あなたによいことをもたらすかもしれません。

    偶然出会ったというのも不思議な力によって引き合わされているのかもしれませんね。
    何せこれだけ広い世界で、これだけの人がいる中で、同じ人と出会う確率は、はたして何千万分の一なのか・・・想像することさえできません。

    あなたが特に執着のあるタイプとは思えませんが、それだけあなたの心を満たす人で、彼もあなたから満たされたという事です。

    復縁するか否かは別として、この方とのかかわりは努力して継続してみるほうが良いかもしれませんね。

    まず彼の方は心根がとても美しい星の元に生まれています。
    思いやり、気遣い、貧者の救いなど、性格的に筋の通らない事へ反発を示し、正義のためなら身を挺してささげる傾向があるように見えます。

    ですので、お子様の事が気がかりとなり、あなたへの気持ちが残りながらも、ご相談のような選択をされたのだと思います。
    欲というもの、自我が極めて低く、利他的態度をとれる方で、大人であり、聖人です。

    あなたも彼と似てはおりますが、まだ彼ほど心や精神が成熟しているわけではありませんので、場面場面で我欲が出てくるでしょう。
    ですので、その波動の違いが彼とのすれ違いを生み出しているように見えます。

    彼とは、もしかしたら前世的なものからのつながりがあるかもしれませんし、今世お互いが感化しあってよい人生経験をもたらしてくれるかもしれません、そのためあなたはまず、ご自身の心と精神を鍛錬し、彼に近づく方法を考えるとよいと思います。

    そうすれば、同じ波長のものは同調し引き寄せあうため、再び彼と再会したり、もっと深いつながりを持てるようになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です