失恋した相手について

管理人さま、こんにちは。
ごく最近に失恋をしまして、その相手はどういう心理だったのか知りたいです。今後の恋愛の参考にでもなると思い、それを知るためのヒントをいただきたく質問させていただきます。

私(女)-1991年5月6日生まれ
相手(男)-1989年10月9日生まれ

2人とも海外在住でその国で知り合いましたが、付き合いはじめてから約3ヶ月後にコロナ禍の規制で全く会えなくなりました。それまではほぼ毎週末泊まりで会えていたこともあり短期間でしたがかなり親密になれたと思っています。3ヶ月弱経ち、規制緩和でやっと会えることができましたが、規制緩和後は2回会えたのみですぐに今度は相手が日本に帰国してしまい全く会えるすべがなくなりました。
相手の連絡の頻度や内容もそれまでとは変わってきていたのに気づきながらも、たまに連絡は取り合いながら遠距離で続けていましたが、4ヶ月が経った頃に終わってしまいました。

実は相手は帰国の際、前もって私に何も連絡してくれず、急に数日も連絡が取れなくてそわそわしていたらご家族の体調のことで緊急帰国をしたと帰国後に説明されましま。
しかし、後で共通の知り合いから彼の帰国前にお別れ会をしていた話を聞きました。(つまり帰国は前もって決まっていたようです。)
また、遠距離中、将来の話をしだすとはぐらかされたり忙しいから今は考えられないと言われて先が見えない状態と、それでも連絡はとりあえず続けてくる相手の態度に不満を感じていました。
不満ではあるけれど、私は彼のことが好きだったので自分から振ってしまうことはできず、彼に気持ちがないなら彼から振ってほしいと思ってました。
忙しいなら落ち着くまで待っていたいと伝え悶々とした数カ月を過ごす中、2度ほどしびれをきかして「もし気持ちがないならもう振ってほしい。また返事はぐらかすなら振られたと理解して終わりにします。」と私もダメなら早く諦めたくこんなメッセージをしました。しかし毎回「騒がないで。好きだよ。」というような引き止める返事が来るので私は安心したような‥、でも2人のこれからの話ができるわけではないのでやはり悶々と関係を続けてしまってました。
ところが遠距離状態が4ヶ月経つ頃、ある情報源から既に彼には新たな彼女がいるということがわかりました。
そのことを彼に話すと返事はなく…、やっと自分の中で別れを決意した次第です。

2股をかけるなんてよくある話だとは思いますが、遠距離でコロナの国境制限でたまに会いに行くというこもできません。そんな相手を振らずにキープして(?)いたのはどういう意図だと思われますか?
一つ一つ内容は書きませんが私の気持ちを引き止めるようなメッセージをときたまくれるので…それを信じ続けた私がバカだったとは思いますが、惨めな思いに耐えられません。また、今回の件がトラウマでこれから人をどう信じて愛せばいいのかわかりません。
相手の謎を少しでも知りたいです。
アドバイスよろしくお願いいたします。

「失恋した相手について」への2件のフィードバック

  1. ご相談拝見しました

    今回のご相談は、彼の対応についてという事にとどまらず、あなたの中に怒りの感情、自分を許せない感情など、複雑に入り組んでいるようにも思います。

    まずは彼の誕生日から客観的に見て、その後は私からの個人的なアドバイスになります。

    10月9日生まれの方は、言葉上手で思わせぶりな態度をとることにたけています。
    そのため多くの異性との交流があり、あなたは二股と思っているかもしれませんが、ともすればそれ以上の関係があるのかもしれません。

    さらに自分への干渉と束縛を嫌うため、踏み込んだ人間関係を嫌い、決断が必要な事を後回しにする傾向があるようです。
    この方の事をもっとよく知りたいと思っても、この方はスルスルと網の目をくぐるようにはぐらかし、いつまでたっても深い繋がりになれない、なりにくいのが特徴ともいえます。
    誕生日診断では、同年代よりも年齢の離れた、または精神年齢の離れた方がよく合うようで、あなたの交際も幾多ある中の一つなのかと思います。

    また、これまでの管理人として私個人の意見を申し上げると、 この方は遠距離恋愛をよいことに、あなたとの関係を心地よいと思っていたのでしょう。
    この方はあなたが自分を好いていることを知っていましたから、ある程度距離をとっても、連絡をしなくても離れることはないと感じていたのかもしれません。

    また、あなたの何かが合わなかったのか、いつのころからかあたらしい恋人を探し始めたものの、拒絶の恐怖から言い出すことができず、あいまいな言葉であなたをつないでいたのでしょう。

    いづれにしても、世の中の多くの男性がこの方のようなタイプだと私は感じています。
    あまり硬く考えず、割合的に多くの男性にはこうした方がいるのだと理解され、今後は交流されたほうがよろしいかと思います。

    1. ご丁寧なご回答、またアドバイスいただきましてありがとうございます。
      交際を始めた当初から御サイトの生年月日診断も拝見させていただいておりましたが、交際期間が経つにつれ書かれている内容に納得できる態度が彼に見えてきました。
      だからと言ってここで信じることを止めしまっては相手からの信頼も得られない、結局誰とも付き合えないのではないかという思いと実際に私は彼のことが好きだったので、その違和感だけで別れるという決断に至れずズルズルと続けてしまったのだと思います。
      彼の曖昧な態度を不安に思う私の気持ちを自分なりに言葉を選び正直に伝えたこともありましたが、そんな私の気持ちは他所に、自分(彼)のことは好きかと聞かれることが何度もあり、そのたびに好きだし大切であると伝えてきました。
      こように自分は好かれているという自信をつけていったんでしょうか…。

      都合よく会える状況でもなく、たまにメッセージのやり取りをするだけで将来一緒になりたい意思もない、、、私と繋がっている彼にとってのメリットが私にはわからないので彼の行動が不思議でしたが、多くの男性はこういうものなのですね。
      彼に振るタイミングを与えてみようと、わざと彼の気持ちをきつく問い詰めるようなメッセージを送りしつこい女を演じたこともありましたがそのたびに「思わせぶりな」言葉をかけられていたんだと今気づけました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です