人生相談

こんにちは。
僕の誕生日は1990年8月5日です。
でも、占いは8月4日の方が当たっています。
現在、医学部6年生ですが、3回留年していて、勉強についていけず、卒業できそうにありません。
毎日勉強していますが、頭の悪さを痛感しています。全く医学がわかりません。
退学になった場合、30歳ですが、どのような仕事について生きていけばよいのでしょうか?
自殺についても考えました。
自殺した後はどうなるのでしょうか?
また、去年癌が見つかり、手術をしました。これは神様からの早く医学部をやめろとのメッセージでしょうか?抗がん剤は副作用が怖くてやりませんでした。
多分、返信としては、そんなことは知らん。勝手にしろ、と言われるだろうなと予想しています。
何卒よろしくお願いします。

「人生相談」への1件のフィードバック

  1. ご相談拝見しました。

    医学を志す方の多くは、水色のオーラを纏うといわれます。
    これは私もそうなのですが、人を救う事で自らが救われる運命にある方に多いのです。

    あなたがなぜ医学の道に進もうとしたのかはわかりませんが、人を救いたいと思う気持ちは少なからずあったはずです。

    人生は山があり、谷があり、雪の日も春風の日もあります。
    しかし、深い谷の存在を知らなければ、山頂から眺める絶景の感動はわかりませんし、厳しい雪の日を知るからこそ、春の心地よさが幸福感となります。

    あなたが今悩むという事は、そこには必ず意味があるのです。
    もし本当に関心がなければ、とうの昔に自主退学を選ばれていたでしょう。

    あなたは今、ご自身に意識が向いているときだと思いますが、こういう時こそ外に目を向けてみてください。
    人助けをしてみる事です。

    何も無い、空虚で空っぽになって、もう後ろに下がる道もないほどの絶望感を味わった人は、強いオーラと精神を得られます。
    その後は、その他方のそばにいるだけで人が喜び救われるような人格者になれる可能性を秘めます。
    あなたは今そのチャンスの渦中にあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です