彼との距離感

こんにちは。1998年9月22日生まれの男性との関係性に悩んでいます。
彼とはゼミで今年の4月から知り合いました。初めて会った頃から、会話も弾みました。


そこで、距離感が縮まったかと思い、SNSでの友達申請もしたのですが、なかなか申請が通りませんでした。

また、距離感が近づいたものの、どことなく距離がまだ遠いようにも感じもしました。

そして、2週間くらい様子を見続けたところ、申請が通り、また会話などから距離が縮まったようにも感じ、なかなか距離感が難しい状態です。

そして、今日のゼミのミーティングで、一つ気がかりなことがありました。彼は直接的に否定する人ではないのですが、私の発言に対し彼がやけに否定してきたので、彼の心理を知りたいと思って相談しました。

彼のことを気になっていたので悩んでいます。何か彼との接し方についてアドバイスがありましたら教えてください。

「彼との距離感」への1件のフィードバック

  1. 自分の中に確固たる信念に近いものを欲しいと思い、賢者への道へ進めるならば、自分の命さえなげうつ。
    それが9月22日生まれの方の大きな特徴です。

    万人のために犠牲になる気持ちは、時に小事を疎かにし、身の回りにいる大切な人を傷つけてしまう事にもなるでしょう。
    本人は良かれと思ってやっている事でも、空回りし、それが元で空虚な感覚になる。

    そして自己嫌悪に陥り、挫折と前進を繰り返すのがこの人の人生の前半なのです。

    あなたが対峙している方が、今どのような状況なのかはよくわかりませんが、今はあなたよりも大切に想う事が他にあるのではないかと思います。

    彼の主義や主張、信念と言えるような思考に踏み込んだ議論をすると、想わぬ反撃や対立を生み出しますので、触れない事がよいと思う事を感覚的につかんでみて下さい。

    一度興味の対象があなたに向けば、今度はあなたがしつこいと思えるほど彼はあなたに近づいてくるかもしれません。
    それだけこの日に生まれた方は極端なのだと言えます。

    共に目指す何か、目標、課題を共有することで、彼との本当の距離、つまり心の距離は縮まるように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です