自分にできること

自分の性格についてです。

他人が辛そうにしていると、自分まで辛くなってしまうときがあります。

考えても仕方ない、自分の声の届かない遠い人に対して、考え込んでしまうことがあります。

どうすればこの人は幸せになれたんだろう、自分には何ができるのだろうと、考えても仕方がないことは分かっています。

その度に、有耶無耶になり忘れていましたが、なんとなく気持ちの折り合いがつかなくなってしまいました。

自分にできることは、何かあるのでしょうか。

「自分にできること」への1件のフィードバック

  1. おそらくですが、何もないと思います。

    それぞれの個々人にとって、幸せや不幸の価値観もまたそれぞれです。
    人は誰かによって動かされることは無く、多くの場合、自らが変わりたいと思わなければ変化できません。

    人が他人にできることは、その人に気づきを与える事くらいだと思います。

    ゆえに、あなたが誰かの幸福や不幸を心配に思うのは、本当にその人の事を想っているのか、または自分自身の中にある何かしらの報酬系と結びついているのかを考えてみるとよいでしょう。
    他者を想うことで、自らが持つなんらかの価値観が満たされるのだとしたら、それは立派な動機で、ご自身のために行動する意味が明確にあるということになります。

    私が未熟で、未だに自己犠牲して他者のために何かを行うという人を見たことがないからかもしれません。

    賢者は、悲しみの中にあって人を慈しみ、貧困の中にあって他者にパンを分け与えられるもの。
    そんな言葉を聞いたことがあります。

    人は人の行動や言葉を受け、感化されて動かされるのだとしたら、あなたにできる事は、まずあなたご自身が人生を輝かせ、活き活きとすることで、それを見た人があなたに感化されて行動が変容する事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です