恋愛が出来ずにこの先が不安です

お元気でしょうか。以前に何度か相談させて頂いているものです。


大学に入学してから彼女は出来ておらず悩んでます。クラスやサークル、ゼミに所属していますが、それぞれ女性は2人ずつしかおりません。

女性の絶対数が少ないので、気が合う方やタイプの方と出会うことが出来ません。私にアプローチする女性もいましたが、ガツガツ来られるのが苦手で拒否してしまいました。

私は同性も恋愛対象になります。

母が過度に私を束縛したことや、私に親子間以上の感情を持っていることがトラウマになり、同性とも恋愛できるようになったのかもしれません。


しかし、例え同性の相手から脈や好意を感じていても、関係をはっきりさせることが出来ずに進展しないことや、将来のこと・世間の目が障壁となり、同性とも恋愛することができません。

そして最近、母親の呪縛があるからこそ逆に女性と恋愛すべきではないかと思うようになりました。しかし、女性との出会いが著しく少なく、今後も彼女が作れそうにありません。

今年度で3回生なのですが、卒業するまでに恋人を作りたいと思っているため、この先が不安です。
長くなりましたがよろしくお願いします。

「恋愛が出来ずにこの先が不安です」への1件のフィードバック

  1. 心理学・コーチングの世界で、コンフォートゾーンという言葉があります。

    これは人間が持つ基本的な身体機能であるホメオスタシスに関与しており、どういうことかというと、人は心地よい空間を望み、そこからはみ出すことを嫌う機能の事です。

    人の体温は35度~37度を平熱として、そのレンジ幅をオーバーシュートすると何かしらの異変を感じます。
    人は変化を嫌うように設計されていますが、この背景には変化するものだけが生存し後継者を継承できる才能や能力を持てるという事です。

    コンフォートゾーンは、今の自分に満足しだすと、変化を嫌うわけですから人間関係も住環境も、食環境も全てを自己肯定し始めます。

    あなたのご相談を見ていると、このコンフォートゾーンの罠にはまっているようにも思います。
    例えば、女性が2名しかおらず出会いが少ないという事実ですが、男子校や男性しかいないサークルの人でも、恋人を作り、出会いを自ら作り出している人もいるでしょう。

    言い換えるとあなたは、本当は無理して恋人など作る必要などないという、もう一人の自分が居て、その自分が女性の数が少ないのだから無理する必要はないというコンフォートゾーンにとどまるように語りかけているのだと思います。

    交際がなかなかうまく進展しなかったのも、あなたの現状維持・心地よさを維持したいというコンフォートゾーンがかなり影響しているのでしょう。

    もし本当に変化したいと思うのならば、出会いは外にいくらでも求めているはずです。
    私はそうした態度を変えたほうがよいですよとは申しません。

    あなたが本当に成し遂げたい事、やりたいこと、どうして恋人が必要なのか。
    そういう事をご自身に問いかけるのが先決のように思います。

    悩むということは、必ずしも現状には満足していないわけです。
    しかし、変化をするのも怖いわけです。

    この壁を打ち砕くには、ミッション、信念、目標、こうした高次元の概念が必要でしょう。
    そのため、ご自身との対話が一番必要のように思うのです。

    あなたは自分をよく分析できており、人の心もよく理解できる方のようですので、何かしらの目的、目標、ミッションなどが見つかれば、これまで蓄積されたエネルギーが一気に放出されるようにも思います。

管理人 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です