恋人としての相性

恋人としての相性 をうらなってもらいたいです!
1984年3月20日の女性と1994年12月17日の男性です。
よろしくお願いします。

「恋人としての相性」への1件のフィードバック

  1. まず3月20日に生まれた方は、神秘的で精神世界に価値観を置いているため、人生の中で重要と考えるものが、心、魂、崇高さ、理念といったものになります。

    人を救う事で自らが救われる人生を歩む事が多くなるため、様々な人間関係の課題がこの方に訪れるかもしれません。

    たいして12月17日に生まれた方は、創造の力、物事を前進させる力があり、抽象的な価値観より現実的な利害を優先する場面が増えるかもしれません。

    まさに水と火の相性なので、一見すると二人は事あるごとに価値観がずれ、すれ違いの関係になるかもしれません。
    しかし、相手の中には自分にはないものが多々発見できますので、それを許容できる器をどちらかが持つことができれば、関係はよいものになるかもしれませんね。

    まずはお互いが自分の価値観を押し付けない事。
    自分の基準を相手に持ち込まない事。
    これらを気を付けて交流してみる事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です