好かれる恋愛について

こんにちは。
私はアプローチされることが稀にあるのですが、どうやら追いかけられるあまり好きじゃないようです。

というのも、あまりその相手に夢中になることができないのです。関係が自然消滅しても構わないとすら思ってしまいます。しかし、私が追いかける相手とはなかなか交際に至ったことがありません。


そのことを以前友人に相談したところ、自分を好いてくれる相手とは少なからず相性がよいのだからなるべく応じるべき、という回答を貰いました。しかし、それは同情や傷つけたくない気持ちからくる感情ではないかとも思います。
私には、どちらの恋愛スタイルが向いているのでしょうか。

「好かれる恋愛について」への1件のフィードバック

  1. ご相談拝見しました。

    文面の最後に書いてある、「私には、どちらの恋愛スタイルが向いているのでしょうか。」これがあなたのお悩みの本質ではありませんよね。

    あなたはもっと奥深いものを求めているように思います。
    それは「何故自分は興味の対象が狭いのか」。
    「自分本位になりがちなのか」、「束縛されることを忌み嫌うのか」。

    そういったことのように思います。

    これはあなただけでなく、どれほど好意を寄せられても、自分に関心がなければその関係は成立しませんので、深刻になる必要はありません。

    どうして興味の範囲、言い換えるとストライクゾーンともいうべきエリアが極めて狭いのかという事と、自分がいざ興味を持って接すると何故うまくいかないのかという点について少しお話したいと思います。

    おそらくあなたはとても感動体質かと思います。
    人と人との出会いと別れ、長年の苦労が実った成功者の話。
    苦行や荒行をする僧侶の物語、そうした人の心に対してとても敏感で、感化されやすく、そして涙もろいかと思います。

    あなたは愛を求めているのでしょう。
    もっと言うと、ご自分を心から愛せていないのだと思います。

    ご自分を愛せていないと、理想の自分が現実の自分を卑下する自己嫌悪に陥りやすく、そして叶わぬ高い理想の自分が常に目の前にぶら下がっているので、仕事でも私生活でも、満足することができません。

    夢や希望といったものも漠然としていて、日々の業務や作業は軽快にこなせ、上司や同僚からの評判は良くても、自分自身ではまったく満足できず、光を求めてさまようような感覚になりがちです。

    理想が高く、自分でもそれなりに努力しているので、相手に求めるものも高く、怠慢な相手を許せないでいるのではないかと思います。
    そのため、あれこれと条件付けが加わり、交際が難しくなります。

    あなたが好きなタイプは、おそらく淡々と努力し自己研鑽を絶やさない人か、逆境に立ち向かう勇気と自信を持ち合わせた人なのかなとも思います。
    体形はスリムで程よい筋肉があり、ありあまる知性があるにも関わらず、決してひけらかさない人、そんな人があなたの理想のように感じました。

    どうしてそのように感じるかというと、あなたがそのような人物にあこがれているからだと思うからです。
    交際が上手くいかないのは、相手に対しての愛情というよりは憧れや願望対象だからでしょう。

    あくまでも私の直感で語っておりますので、間違っていたら申し訳ないのですが、今のあなたに必要なのは、恋愛の相手ではありません。
    自分に自信を持つ事、自分を愛する事、そして自分を受け入れる事です。

    3番目の自分を受け入れる事というのがとても重要なワードです。
    あなたは辛く悲しんでいる人を放っておけないやさしさを持つ心がおわりなのに、自分自身を抱きしめる事を忘れています。

    一度鏡に向かい、自分を思い切り抱きしめ、今までの過ちや嘘、つらく当たった事を自分に謝罪してみて下さい。

    真のやさしさや強さとは、自分を許し、律する事から始まります。
    そして人を愛するのは、自分を愛することから始まるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です