過剰ダイエット(摂食障害)の意味


解説

過度のダイエットにより、ある程度理想の体型を手に入れた後、今度はそれを維持するために極端に食事量を減らしたりすることにより、自律神経の乱れから精神的、身体的に異常をきたす症状。

強い意思の力によって食事を節制してダイエットに成功し、今度ははげしい過食衝動に襲われ、急激に食べたりする。
これが強まると、過食と拒食を繰り返し、過食時には食べ過ぎた自分を嫌悪して嘔吐し、拒食時には激しいストレスと栄養不足から不眠やイライラ、怒りが現れる。


いづれの場合も激しいストレスと栄養不足・過多が体を襲うことになり、ついには死に至る恐ろしい病と言われています。


日本では20代の女性が、知識の乏しいダイエットを行う事でこれらの症状に陥るケースが少なくない。
また、仕事やプライベートでなんらかの障害があった場合、自らを傷つけ、その障害から目をそむけるために過食や拒食に陥るケースがあ「摂食障害」に陥るケースもあるようです。


人間の健康は運動・睡眠・食事という3つの重要な要素から構成されているわけですが、食事のバランスが崩れれば、睡眠サイクルが乱れ、運動力が落ちてバランスが乱れます。

正しい知識を身に付けた上でダイエットは行われるべきだと筆者は感じます。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.