自臭病の意味


解説

自臭症といのは、読んで字のごとく、自らの臭いを気にする病の事。

周囲から臭いと思われていると思い込む精神疾患で、自己臭症または自己臭恐怖症とも呼ばれています。

几帳面で潔癖性などの方がなりやすいといわれています。

周囲の人に口臭や体臭などを指摘されることで、それほど取るに足らない行動も自分から出る臭いによるもだと思いこんでしまい、これが元で精神的な疾患に発展するもの。

また、性格が「完璧・完全志向」の人ほど症状に陥りやすいのは言うまでも無い。


本来、体臭や口臭は少なからず誰にでもあるもの、しかし自臭症の人はこれを過剰に反応・解釈し、少しの臭いも許せなくなるわけです。

冬場マスクなどをしていて、自分の吐く息が少しでも臭いと「この臭いを他人にもあたえているのか」と落ち込み、過剰に歯磨きや口臭ケアを行ったり、脇の下の臭いを常にチェックしたりするあまり、行動が変に見えたりします。

また、この自臭病は心の病の1つなので、醜形恐怖症や鬱病を併発する場合があるので、注意が必要である。

実際に強い体臭、口臭で悩んでいる人は、この症状に該当しない。
あくまで実際の臭いよりも増して心理的要素、苦悩が強いのが本症の特徴です。


自臭病は自信をなくし、人前に出る事を嫌がるようになり、さらに進行すると引きこもり、対人恐怖症にも発展してゆく。
極端でなくても、人と話すときに声を小さくしたり、顔を後ろに下げながら話したり、または顔を横に向けながら話したりする人の多くは軽い自臭病の傾向があるのではないかと推測できます。


心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.