森田神経質の意味


解説

「森田療法」の創始者である精神科医の森田正馬が提唱した神経質の一種。一般的な神経質とは概念が少し異なるため、一般の神経質と区別するべく命名された。几帳面さや強い羞恥心、執着心、自己内省力などが異常に強いため、自己の心身の変調などに過剰に反応する傾向(ヒポコンドリー性基調)がみられる。正常な生理現象に過敏に捉われてしまい、それが原因で生理現象にも変調を来たす「精神交互作用」が起こる。また、こうあるべきという観念に過剰に捉われることで「思想の矛盾」を招いて神経質症状を呈する。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.