内観療法 の意味


解説

真宗の修養法として吉本伊信が開発した「内観法」を、臨床心理および医療のために応用した精神療法(心理療法)。1960年代に精神医療の現場に導入され、1978年には日本内観学会が発足。2003年には国際内観療法学会も設立され、国際的にも評価を得ている。吉本の方法論をほぼ原則通りに踏襲する「内観原法」と、吉本の方法論を変化させた解釈の「内観変法」がある。また、医師が病院内で行う場合と、医師の依頼を得て民間の研修所で行う場合がある。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.