適応障害(adjustment disorder)の意味


解説

外的なストレスにより、日常生活や仕事、学業などにおいて支障を来たし、通常の社会生活が送れなくなる「ストレス障害」の一つ。不安や焦燥、過敏、混乱、抑うつなどの情緒的症状に加え、食欲不振や全身倦怠感、不眠、頭痛、発熱、吐き気、ストレス性胃炎などの身体的症状が現われる。軽度のうつ病との判別が難しく、放置していると重度のうつ病に移行することがある。適応障害が原因で生じる身体的異常は「自律神経失調症」「心身症」とも呼ばれる。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.