つきもの妄想(delusion ob possession)の意味


解説

「憑依妄想」ともいわれる。被害妄想の一種で、自分に動物や神仏、悪魔、生霊などがとり憑いていると信じて疑わず、自分の言動はすべてそれらの意思によって操作されていると思い込む妄想。古来からある「狐憑き」といわれる症状もこれに当てはまる。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.