神経性大食症(bulimia nervosa)の意味


解説

一気に暴飲暴食を繰り返す摂食障害の中でも、それに対する代償行為として、食べた後に嘔吐や下剤・利尿剤など薬物の服用、過度の運動、絶食などを行う症状。「過食症」ともいう。この代償行為により、過食していても大半は必ずしも肥満体型であるわけではない。過食と代償行為を繰り返すことへの自己嫌悪から、自殺を図る場合もある。ちなみに、代償行為を行わない場合は「むちゃ食い障害」と呼ぶ。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.