小動物幻視(Tiervision)の意味


解説

視覚性の幻覚の一種で、実際には存在していない昆虫やネズミなどの小動物や小人などが、自分の周りに大量にうごめいていいるように見えること。アルコール中毒者が急にアルコールを断った場合にみられる「振戦せん妄」「アルコール離脱性せん妄」の症状の一つとしても顕著。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.