食欲不振(loss of appetite)の意味


解説

食欲が減退している状態。食欲が減退している状態。各種の疾病によって起こる全身症状の一つで、胃や肝臓、腎臓などの疾患が主原因であることが多いが、感情の乱れや孤独感、緊張、焦燥、不安、悲哀、憤怒、恐怖、イライラ、うつ状態など、精神的な要因から食欲不振になる場合もある。失業、失恋、家庭不和、近親者の死、学校の問題など、ストレスからくる自律神経のバランスの乱れが原因で起こることが多い。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.