自己誘発のおう吐(self-induced purging)の意味


解説

自らの意思で食物を吐き出す行為。口中に指を突っ込んだり、大量の水を摂取しておう吐を誘発する。自己誘発おう吐を繰り返すと、咽頭に爪などによる潰瘍ができたり、利き手の指や甲にいわゆる「吐きダコ」ができることも。また、カリウムなどの電解質が失われて不整脈を起こしたり、肺から皮下に空気が漏れる縦隔気腫を起こす、あるいは食道から胃接合部が裂けて喀血する危険もある。拒食症や過食症などの摂食障害に多くみられる。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.