作話(confabulation)の意味


解説

空想上の出まかせ的な内容を、あたかも真実の記憶であるかのように語ったり、体験したことのないことを、周辺情報で埋め合わせようとした結果、あたかも覚えてもいないことを覚えているかのように語ってしまう心理現象。「コルサコフ症候群」の患者などに顕著。軽度だと「記憶違い」と呼ばれる。「健忘」の対極にある症状といえる。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.