国際疾病分類(ICD WHO:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems)の意味


解説

疾病及び関連保健問題の国際統計分類のこと。異なる国やエリアで、異なる時点に集計された死亡および疾病データの体系的な記録・分析・解釈・比較を行うことを目的に、「世界保健機関憲章」に基づいて、WHO(世界保健機関)が作成した分類。1950年代に死因リストとしてスタート。最新の分類は1990年に採択された「ICD-10」と呼ばれている。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.