幻嗅(olfactory hallucination)の意味


解説

実際には存在しない臭気を知覚すること。嗅覚の幻覚。自分自身が悪臭を放っていると感じたり、食事から毒の臭いがすると感じたりする。「統合失調症」の場合は実際にはない味を感じる「幻味」と「幻嗅」が結びつきやすく、食事中は他人に毒を盛られているのではないかという「被害妄想」を引き起こす場合もある。また、「てんかん」発作の前触れとして、何かが焦げるような臭いを感じる場合もある。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.