幻覚妄想状態 (hallucinatory-paranoid state)の意味


解説

「統合失調症」や「双極性障害」などの精神疾患や、「脳腫瘍」「てんかん」など脳の器質的病気のほか、「覚醒剤中毒」や「アルコール性精神病」などに起因する精神症状。「被害妄想」「関係妄想」「虚無妄想」「誇大妄想」など、その幻覚妄想にはさまざまなタイプがある。初老期から老年期に発症する「老年期幻覚妄想状態」は、「統合失調症」に似ているが、発病年齢や症状などの違いから区別されている



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.