クロイツフェルト・ヤコプ病の意味


解説

異常蛋白「プリオン」の増殖によって引き起こされる中枢神経の変性疾患。病名は1920年代初頭にドイツの神経病理学者クロイツフェルトとヤコプが研究発表したことに由来する。100万人に1人の割合で発症するといわれ、50~75歳の男女の発症頻度が最も高い。現代医学では根治できず、発症後の平均余命は1~2年。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.