過食(overeating)の意味


解説

「摂食障害」一種で、通常の食事量とは比較にならないほど一度に大量の食物を摂取すること。これが高じて過食症(「神経性大食症」)になると、猛烈に飲食した後、喉を指などで刺激して意図的に嘔吐したり、下剤や利尿剤などを服用するなどの代償行為を繰り返す場合が多い。精神医学者のジェラルド・ラッセル教授が1979年に提唱し、1980年に米国精神医学会が「過食症」を摂食障害として承認した。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.