絵画統覚テスト(TAT:Thematic Apperception Test)の意味


解説

1943年にマーレー(Murray)と共同研究者モーガン(Morgan)によって開発された投影法による人格検査。主題統覚検査ともいわれる。マーレーの欲求圧力(need-Press)理論に基いており、人の感情・情緒・葛藤・欲求・コンプレックスなどを解明することを目的としている。被験者に複数の解釈が可能な場面を描いた絵を見せ、物語を創造させることで、被験者の人格や行動の特徴を分析する。犯罪学や文化人類学などの分野でも活用されている。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.