一過性全健忘 (transient global amnesia )の意味


解説

健康だった人が受傷などにより脳に一過性血流障害が生じ、それ以降は新しい物事を覚えられなくなる「前向性健忘」が一時的に起こった状態。自分をとりまく状況や因果関係が把握できなくなるため、当人は著しく混乱し、周囲に何度も同じ質問を繰り返す。通常は24時間以内に回復し、積極的な治療は不要なことが多いが、後に一定期間の健忘が残る場合がある。側頭葉の血流低下が関与しており、ストレスも大きな原因の一つとみられている。




心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.