異食症(pica) の意味


解説

栄養価があまりなく、通常は人間の食欲の対象とはなりえない土・氷・毛・紙・粘土・木炭・チョークといった、食べ物以外のものを無性に食べたくなる症状。小児と妊婦によく見られる。氷を異常な量食べてしまう「氷食症」や、土を食べる「土食症」、体毛をむしりとって食べる「食毛症」など、原因や症状もさまざま。語源の「PICA」はラテン語で「カササギ」を意味し、カササギが何でも口にする習性があることから命名された。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.