頂いたご相談のまとめ

人づきあいの悩み



ご助言にだいぶ救われてます。
時折泣くほどありがたかったです。

度々ほんとにすみません。1/30日生。


私は人と関わるのが適職か未だ悩みます。
今まで人を苛立たせる天才と言われる事が多かったです。

そんな私が人と関わると相手を傷つけるか不安で今一歩踏み出せません。
私的には相手が利己的と感じてました。
発言した人→元職場上司5/18生まれ。いとこ5/1日
適度な距離保とうとすると上の2名は私を逃げ口上と責めました。

私は尊敬できぬ相手には呆れはて見下しやすい自覚はあります。
あえて相手を傷つけぬよう関わらない選択をします。が、そうすると相手はより攻撃的になります。

承認欲求が強い人とあわないのでしょう。

対処法が悪いのか、上の2人はこっちの事聞け、自分だけが正しいと思い調子のるなとまた責めます。

そんな流れだと私はまた呆れ、聞く耳もたず。負の連鎖。何度もこーいう体験あり、私がやはり悪いのかと自分を責めてます。

親もウチの家族皆話引き出すのヘタと言います。
私は病院との関わりもギクシャクです。

[管理人からの回答]


人との相性はいろいろですが、基本的に他者と関わる時、そこには何かしらのストレスは生じるものだと思います。
それが恋愛対象や久しい親友などであれば、それほどのストレスは感じないと思いますが、それでも他者とのかかわりを持つことは、自分の心地よい空間(コンフォートゾーン)を乱されるわけで、そうなるとそこから逃れるか、相手を変えたいと思うかという事に、自分の知恵と行動を駆使します。


職場における上司や部下、クライアントとの関係は、現代人においておそらく最大のストレスではないかと思います。
価値観の違う上司、口先ばかりで行動しない部下、無理難題をいいつけるクライアント。
もちろんそうではない方々もたくさんいますが、悩むという状況を考えた場合、仕事上の対人関係で何かしらの軋轢が生じているのでしょう。


1月30日生まれの方の特徴として「人は人、自分は自分という価値観」を持っています。
そのため、何か強引に価値観を押し付けられたり、他者の成功法則をマニュアル化して遵守させられたりすることに、強い抵抗感があるはずです。

 
おそらくあなたが職場やプライベートで出会う人と、交友関係で狭い理由は、こうした価値観があるからだと思います。
また相手から見ればあなたのような性格の人を屈服させることに躍起になるはずです。

一部の人から見れば、自由人で奔放に行動しているように見えるあなたを制御することが、規律を守る使命のように感じ、そのために躍起になるからです。



あなたはとても美的センスに恵まれており、服装や部屋の色使い、センスがとてもよいと思われますが、そうしたセンス、つまりは感性は人の性格を見抜く力にもなります。
そのため、さほど交際していないのにも関わらず、相手の性格面の底が見えてしまい、あなたが相手を見下す態度に出てしまうのではないかと思います。


相手の方が利己的か否かは別として、関わらない選択をするために距離を置く場合、相手から見れば「無関心」をあなたが選択したと感じるでしょう、それが腹立たしいと感じるのは当然です。
何か衝突した場合、議論をぶつけるのはまだ関係性修復の兆しはありますが、無関心というのは、関係をすべて切り離す最も冷酷な対応だからです。


あなたもそれが薄々気づいているからこそ、無関心を装い、もう自分に関わらないで欲しいと思ったのでしょうが、今の方法では、それが上手く機能していないのだと思います。



自分に何かしらのメッセージを当てえてくれる人、感化してくれる人と交際するのは素晴らしい事ですが、そうではない人からもメッセージは受け取れるものです。

今回のお二人が、仮に自分が正当であり、あなたに対して自分の価値観を押し付けてきたとしても、長い人生の中で今後も出会うであろう同じようなタイプの方と、どのように対峙し対決していくかを鍛錬させてくれるのだと思えば、単に無視したり、遠ざけたりすることはもったいない事のようにも思います。



家族の話を引き出したり、人との会話を弾ませたりするコツは、相手に興味を持つ事です。
仕方なく会話をつなげようとか、間を持たすために何かを放そうとするのではなく、どんな人にも愛情をもって、せっかくであった人ですから、関心を少しもって質問を探してみてください。

そうすれば、かなり交際の方法や範囲が変化すると思います。



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳