頂いたご相談のまとめ



管理人さんのコーナーに出会えて安心です。
管理人さんに依存しています。すみません。まだまだですね。。


空に浮かぶ雲のように、ふわふわとつかみどころのない内容をぶつけてしまい良いものか思いましたが、管理人さんに聞いていただいたほうが幸せと感じたのでメールをしました。

私は女性です。
約9年越しに想いを寄せていた愛していた男性と自分からフェードアウトをしようとしております。

そういう心になったきっかけは、きっと、真実を見つめようとしないで、追いかけている自分に安住していて、また更に、追いかけていることを演じている自分に嫌気がさしたのだと思います。

会えない時間が多く、会える時間はわずかです。
そういう中で、先日私から展覧会にお誘いをしました。(お相手の方は9歳年上です)
彼の返事は、次の日に旅(海外)にでるから会うのは難しい。しかし時間を見つけてまた会えるのを楽しみにしております。という内容でした。

私は、それを読んだときに、「いつ帰るの?いつ会えるの?」と聞いてほしくないんだな(聞いたとしても答えられないだろうな、、)と感じました。
だから、私は、淡々と彼に「了解しました、良い旅を!」とたけ返事を返しました。

普段のいつもの私なら、「じゃあいつ会える?」と聞いていたと思います。

でも、もう追いかける必要がないような気がしました。
「どうぞ勝手に、好きなように生きなさい!行くがよい!」という気持ちでした。

彼にメールを打った後、心が明るくなりました。晴れ晴れとまではいかないまでも、涙はでませんでした。
まるで、ボールを地面に強くたたきつけて勢いよくボールが上に上っている過程のような気分です。

彼のほうから私に「会いたい」というメールをよこすまでは、こちらからメールをうつことはないと思います。
いちばんしてはならない大嫌いだと感じていたフェードアウトをまさか自分がしようとしているなんて、驚きです。

私は冷たいでしょうか。
冷めていますか?

さらに、そんな心の状態が続いているなかで、夕方ひとりで休んでいると「私(自分自身)と出会えてよかった」と突然ひとりでにそんな言葉が口からこぼれました。その言葉に驚いて、涙がこみあげてきました。

自分が怖くなりました。なぜそんな言葉が出てきたのでしょうか。

とりとめのない雲のような長い言葉をよんで頂きありがとうございます。
よろしくお願いいたします。

[管理人からの回答]


私たちの魂は流れる川のごとく、空を行く雲のごとく移ろうものです。

成長し、他者に貢献するために生を受け、その成長の動機づけのために好奇心が宿されます。一人では成しえない様々な感情的成長を行うために、長い人生の道中において半身を探す旅をします。これが恋愛です。


しかし、自然界を見渡せば、時には荒々しい水面も、鏡のごとき湖面のような状況の時もあるでしょう。
私たちも二人で協働する必要がある時と、一人で自己の内面と対峙する時期があるのです。


あなたの潜在意識は、おそらく自己の内面を見つめる時期に入っていたのにも関わらず、恋愛をしている自分に依存していることを、現実のあなたに知らせようとしていたのかもしれませんね。

そして今、ようやく自己に向き合い、向き合い始めた時において、内からこみ上げる熱い情熱や真実、潜在意識の願望と顕在意識とが一致した状況に、不思議と満たされた感情になっているのだと思います。



あなたの取った態度は、冷たくもなければ、自暴自棄のようなものではないと思います。
人生の節目を迎えるにあたり、あなたが次の段階へ進むために、別れや決別の重要性を知ったことで、魂の階層は一つ上がったようにも見えてきます。


今までのあなたは、人の事を大切にしようと考えていた裏側で、自分の幸福や不安の解消を模索していたと思います。
しかし、これからのあなたは、真に利他的態度で人を愛せるようになってくると思います。



またご不安な時があれば、いつでもご相談ください。

人に聞くことは恥ずかしくもなければ、依存していることにもなりませんよ。
もうこれからは自分を責めることはやめ、自分を愛で満たし、そこからこぼれた愛情でこの世界に愛を与えてください。



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳