頂いたご相談のまとめ

出会い



よく参考にさせて頂いてます。

私事ですが、現在既婚者の彼と深い関係になっています。
彼とは感覚的に似ているな、と思う事が多く、感情、捉え方、意味を追求するところなんでしょうか?明確にわ言えませんが、私が疑問に思っている事を求めているような答えばかりで彼わ話し返してくれます。

彼と話して、答え合わせができる様な。

彼との出会いは私にとって、導いてくれるような、光の存在に思うのです。
安心感や精神的繋がり。

話がいつも尽きず、彼といると不思議なのです。
今は、お互いが必要とし、関係を続けています。
立場や状況をお互い理解してる、つもりですが。。。

そんな彼との相性をみていただけたらと思います,
彼 1979.11.21
私 1989.7.14

[管理人からの回答]


お相手の方が既婚者であろうが、仮に同性であろうが、またいかに年齢が離れていようが魂と魂とが引き合う場合には止められないものとなります。


まず彼の方からあなたの相性を見てみます。
続いてあなたからみた彼との相性をお伝えします。



11月21日に生まれた方は、射手座の創造性と蠍座の品性を併せ持ち、立ち振る舞いが上品で話上手な点が挙げられます。

直感が働き、加えて洞察力が鋭いため、あなたのちょっとした変化も気付きやすく、一緒にいて心地よく思うでしょう。
しかし、このことは自分自身の心にも影響しておりますので、傷つきやすく繊細とも言えます。

受動的で協調性があるため、どこかに行きたいとか、なにかを食べたいなどいう選択の場に立たされると、自分のことよりも相手のことを優先する傾向があります。

あなたとの相性では、恋愛面が10点中8点、よきライバルが10点中7点出ており、これは恋人しての相性だけでなく、成長できるよき相手となれる事も意味します。


一方、7月14日生まれのあなたから見た彼との相性ですが、恋愛面が10点中9点、良き協力者が10点中9点と高く出ております。
お互いが恋愛面としての相性が出ており、さらに好敵手と協力者という成長補完関係にあることが、二人の相性を強めているのでしょう。

どちらかというと、あなたの方が大人な感情を持ち、彼を優しく包むような印象を感じます。
彼には幼さが残っており、その一面をあなたがよく理解してお付き合いしているようにも見えます。
時にあなたは衝動的になるため、心が不安定で、その不安感から行動が軽率になってしまう事があるかもしれません。
そのため、過去幾度もそうした自分の態度を悔やみ、自己嫌悪している場面も見えてきます。


一方、彼の方は依存心が強く、一度感情がある方向を向くと修正が難しく、間違いだとわかってはいてもそれを認める事がなかなか出来ず、意固地になってしまう事があります。これが幼さとして残るのかもしれません。


彼は、精神面では依存心が強いものの、現実の態度では自分を頼りにしてくれる人を求めています。
これは人間がそれぞれに与えられた運命や宿命とは反対の環境や感情を宿されているためのもので、この左右に向く力によってバランスが保たれているのだとも言えます。

人と長く交際することができる性格なので、友人関係は古く長い場合が多く、大多数の人と交際することはしないでしょう。
少人数ではあるけれど、深く長い関係を構築するタイプだと思います。


あなたが彼から受ける居心地の良さは、おそらくお二人がお互いに足りないものを補完しあっていることを、双方の潜在意識が認識しているからでしょう。

あなたの中にある、彼の概況、つまり既婚者であるという事が気がかりで、今ひとつ行動が積極的になれず、どこか抑制している面が、あなたの不安を醸成させています。
彼の中にも同様の雲があり、このことがよく言えば二人のバランスを保ち合う要素になっておりますが、いつ弾けてもおかしくない風船のような存在でもあることも理解する必要があります。

しかし、あなた方はお互いに成長補関係にあるため、どのような立場になっても、長く交際する気配はあるようです。



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳