頂いたご相談のまとめ

素直になれない人



素直じゃない人に対してどのように接したらよいか悩んでいます。
私はそれがなんとなくわかってしまいイライラして、自分まで素直じゃなくなって辛いです。
よろしくお願い致します。

[管理人からの回答]


人類がまだ満足な食料にアクセスできない時代、人は自分の容姿や性格などに気を使っている暇はありませんでした。

毎日生き残るために良質な栄養と水を求めて奔走していたからです。


やがて農耕で食料不足が解消されると、安全や生理的な欲求から一つ上の社会的欲求が顔を出し始めます。
この時に、人に認められたいとか、貢献したいという欲求、そして恋愛へのこだわりが生まれます。



人が嘘をついたり、素直になれない時、そこには必ずその行動の意味が隠れています。
例えば嘘の中でも虚勢をはるという場合、本来あるべき自分の姿というものを自分自身が理解しており、そうでなければ目の前の人に認められないと思うために行う事が多いでしょう。


素直になれないという態度も似ており、関心を持って欲しいためにひねくれたり、敢えて相手に分かるような事実と異なる出来事を伝えて興味をひこうとします。

つまり、嘘をついたり素直になれないというのは、眼前にいる人物に対して興味を抱いているという証拠なのです。


例えばまったく興味も関心もない人物の場合、それは無関心となって、虚勢をはる必要もなければ、見栄をはることもありません。


もしあなたが素直ではない人に相対した時、そこには相手の中にある素直になれない理由をよく考えてみてください。
なぜなら、あなたに何かしらの関心があるから本来あるべき感情や態度を取らないのだとすれば、その関心はなんなのかという事を探ることが、あなたの成長につながるからです。

そして、何よりもそうした態度をとる人物を大きな気持ちで許せるようになるために、あなたはその人と出会ったのだとも言えます。


また、自分がイライラするというのは、相手に問題の本質があるのではなく、自分の中にゆとりが無いという場合が多い事も理解しておきましょう。

もしあなたが小さな子供と会話している時、その子がありもしない嘘をついたり、あなたに構って欲しくて素直な態度を取っていないとしましょう。
その時、あなたはその小さな子供にイライラしたりするでしょうか。
恐らくしないはずです。

なぜなら、あなたは明らかにその子供よりもゆとりがあるからです。
イライラするどころか、そうした態度に愛くるしささえ感じるかもしれませんよね。


これは対人関係の全ての事象で言える事です。
怒り、憎しみ、悲しみという感情は、自分の中に不足しているものがあることを示しています。
それをその時対峙した人物が満たしてくれないと思うから、イライラしたり不満に思うわけです。

本来問題は自分の側にあるのに、多くの人はそのことにきづけません。
相手がその問題を作り出しているのだと錯覚した方が楽だからです。


自分の心が動揺したら、それを客観的に見つめてください。
その同様の本質が、原因がなんなのかを探るのは楽しい事です。



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳