頂いたご相談のまとめ

前世の記憶があるという人



とても不思議な方とお会いしました。

とある場所、とあるご縁で繋がった方がいます。
私は、昨年秋頃からずっとご縁の旅をしているような流れの中にあります。

ご縁をたどってたどって、ようやくここにたどり着いた感じです。
『ここにいたんだね』とお互いが口にしたのには驚きでした。

恋愛感情というよりは、尊敬しているといった感じが正しい気がしています。

その方の近くに行くと、その方の香りが懐かしく、またリズムのようなものが同じな感じがします。
以前から知っていたような感じがします。
それもかなり近い感じ。


相手の方は、ハッキリと夫婦だったと言っています。

こんな風に、前世の記憶が残っていたりする場合もあるものなのでしょうか?
相手の話を聞いてるうちに、まるで当事者のように訳もなく涙があふれたり、、、
行きたい場所がほとんど一緒だったり…

不思議で仕方がないのです。
どのようなご縁なのかをみていただけませんか?
1968.12.19男性
1972.4.22女性

よろしくお願い致します

[管理人からの回答]


意識について研究する世界中の科学者が、現時点で出している回答の一つに「原意識」「意識集合体」という概念があります。

これは、人は死を迎える際に、自らが獲得した知識や知恵などを、最後の貢献として他者へシェアするため空間へ放出するというものです。


呼吸と心臓が停止した患者が搬送された際に、しかしなお脳のニューロンが爆発的に増えるという現象を何度も見た麻酔科医の証言もそれを裏付けています。



私たちは時に遥か遠くの景色を見たり、前世を確認したり、また死後の隣人にあったりする経験をしますが、これらを解決する一つの手がかりとして、このエンタングルメントという概念が役に立ちます。
意識が外に放出された際に、それは空間と時間を飛び越えて存在し、さまざまなものを見ます。

しかし、何かしらの形で意識が肉体に戻ると、霊体を見た、天国や地獄を見た、また他界した両親に会ったという記憶が宿ります。



おそらくあなたが知り合った男性も、こうした体験を通じて過去世を理解しているのかもしれません。

私のかつて友人であった女性は、ある人物の衣服を触れるだけで、またその人が座るテーブルに同じく腰掛けるだけで、その人の脳内が見えてしまうという形質を持った方でした。

19際の時、忽然と姿を消してしまいましたが、世界にはそういう形質を持った方が稀に存在します。



星の相性を見ると、恋愛面とソウルメイトの相性がやや強く出ております。
しかし、それ以上に実に過去世で兄弟や夫婦であった場合、それは非常に強い相性として現世でも現れます。

最近知り合ったばかりなのに、無性に手を繋ぎたくなるといった現象は、過去世でも同じように手を繋いで過ごしていた兄弟や姉妹だったなどというケースもあるでしょう。


初めて会ったのに、初めて会った気がしないという感触は、まさにそうした記憶が蘇っているのかもしれません。



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳