頂いたご相談のまとめ

片思いの行く先



こんばんは。
男会社員です。
いつもサイトを拝見しております。
私事ではありますが、相談させていただきます。
ご教示くださいましたら幸いです。

プロフィール
私:1992年10月28日生まれ
元カノ:1993年4月7日生まれ

この相談ですが、管理人様の言葉にただただ勇気づけられたい、頼りたいという気持ちから書いているものかもしれません。

以下内容です。
私は上述の元カノと復縁できることを願っています。
別れてから2年が経ち、生活や環境は変わりましたが、
元カノへの恋愛感情は褪せることはありませんでした。
しかしながら思いは告げられず、ただ漫然と日々が過ぎて行くばかりです。

停滞した関係を修復し、状況を打破できれば良いのですが、そんなドラマのような展開も今日までありません。

他が変わらないのなら、自分を変えようと思い立つのですが、時間がかかってしまい、もどかしい気持ちで一杯です。

管理人様の回答から、私と元カノの行く先を見出す考えでいます。
どうか力をお貸しください。

[管理人からの回答]


ご相談拝見しました。

まずはお二人の誕生日から相性を探り、その後はあなたに対して私からのアドバイスをお伝えしたいと思います。


10月28日生まれのあなたから見た、4月7日生まれの彼女との相性ですが、恋愛面が10点中8点、そしてソウルメイトとしての相性が10点中9点出ております。

おそらく当初は恋愛感情からスタートしたものの、徐々にその愛情は言葉では言い表せないような愛おしさに変わり、今では人間として彼女を幸せにしたい、二人で同じ道を歩みたいと思うほどに大きくなっているのではないでしょうか。

これはソウルメイトとしての相性が徐々に膨らみ、あなたの潜在意識が彼女の存在を求めているからだと思います。



一方、彼女の方からあなたへの相性を見ると恋愛面では同じく10点中8点でておりますが、それ以外の相性はほとんどありませんでした。
おそらくこの差が、あなたと彼女との人間関係の温度差になっているのだと思います。


彼女のことに少し触れて見ますが、大変思慮深く自分の考えをしっかりと持った方のように見えます。
この自分の意思力の強さが、時として他者に対して批判的になり、敵を作ってしまうことにもなりますが、本人はさほど意に介さず、我が道を進むタイプでしょう。

精神の世界、心の世界に関心があり、自己探求のために学習に余念がなく、読書好きで美術や音楽の鑑賞を通じて、感性を磨こうとしているかもしれません。
とても知的なため、効率を重要視するあまり細部、つまり詰めの甘さがミスに繋がって、イージーミスをしてしまう、世間風に言うと「おっちょこちょいなタイプ」にも見えます。

またこの日に生まれた方の特徴として、他者とあまり関わろうとしないという点が挙げられます。
一人でなんでもこなせてしまうため、他人の力を必要としていないという一面もあるのかもしれませんが、世の中一般的にいう雑談や無意味なコミュニケーションに価値を見出していないのです。

なかなか内面、本心を他人に解放しない性格だと思いますが、ひとたび心を許すと人がかわったようにウェットな関係になれるはずです。


10月28日生まれのあなたは、彼女が自己の内面を追求することに意識と力を注ぐのに対して、公平で崇高な理想を追いかけるリーダータイプと言えます。
細やかな配慮が行え、自立しており、創造性豊な感性をお持ちのようですね。

ともすれば、お二人は彼女が男性の役割で、あなたが女性的な立場になるほど、その性質が逆転しております。


あなたは過去、幼少期より一つの弱点のためにチャンスを逸していたと思います。
それは10月28日生まれの方は、最大の短所として「勇気の弱さ」があるのです。
そして今世の目的が、自己を奮い立たせ、恐れずに物事に対峙する勇気を手にすることなのです。

あなたが定める崇高な理念や目的、やるべきと思う学習や道徳心、それら全ての物事も行動を促す勇気不足で、これまで何度も自己嫌悪してきたのではないかと思います。

そして今回の恋愛においても、あなたの勇気を試されているとも考えられます。



お二人の関係性を見ると、恋愛面では相性は悪くはありません。
ただ、あなたからの感情が強すぎてしまい、人とあまり接しない彼女からすれば、それが少し煩いと感じたために、少し距離感をおこうとしたのかもしれませんね。

彼女はあなたより非常に強い意志力、そして勇気をお持ちですから、男性としてやや頼りないと思ってしまったとも考えられます。


人の出会いと関係性は、それぞれの方が魂の成長のためにめぐり合います、そしてまた新たな成長のために、お互いが別の次元へとステップアップするために別れ、ともすればまた再び出会うかもしれません。

そのため、私はお二人の相性はお伝えできますが、何かを念じて二人の相性を取り持つということはできませんので、ご容赦ください。


ただ、一つ言える事は、今のままではあなたは彼女との復縁はおろか、今後新たな出会いがあったとしても、同じような展開になってしまうような気がしてなりません。
あなたは交際すると、嫌われまい、彼女に好かれたいという感情が芽を出し、自分の個性を押し殺し相手に迎合してしまう癖があるのではないでしょうか。

これはひとえに勇気のなさからくる自信のなさが要因です。

今回の出会いは、あなたの人生における重要な転換点となるでしょう。
それは勇気を持つこととはどういうことなのかを再確認するよい時期が来たという事です。


あなたは元来とても温情的で心優しい女性的なタイプですから、万人から好かれるはずです。
彼女も当初はあなたのそんな優しさや知的な一面に惹かれたのかもしれませんが、変化のない日々に退屈感を覚えてしまったようにも思います。

勇気を得ると、物事へ挑戦する意欲、見栄や体裁にこだわることなく生きることができます。
それは常に、人生が今日終焉したとしても、後悔はないと思えるような生き方とも言えます。


勇気を得るには、自分との約束を守り、良いと思う事を続ける事で強まります。
時間のかかる試練ではありますが、それは実に素晴らしい境地です。
あなたの検討をお祈りしております。






Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳