頂いたご相談のまとめ

結婚してもいいのか



はじめまして。
いつも拝見させて頂いています。
私には7年付き合っている10歳上の彼がいるのですが、そろそろ結婚しようかという話になっていて、今までずっと遠距離恋愛だったためか、一緒に住むことに不安を感じています。

どうかアドバイスを宜しくお願い致します。
私→1985年1月10日
彼→1975年2月11日

[管理人からの回答]


まずは最初のご質問である、お二人の相性についてみてみました。

結婚するかしないかという件については、あなたと彼との人生の課題ですから、私の方から背中を押したり手を引っ張ったりはできません。
あくまでも、客観的に星の相性だけをお伝えしたいと思います。


まずあなたの誕生日1月10日と、お相手の2月11日の方とでは、恋愛、良き協力者、ライバル、人生の友人、それら全てにおいて相性らしきものが見当たりませんでした。
逆に彼の誕生日である2月11日から見ると、あなたの誕生日1月10日はとても相性がよく、恋愛面が10点中9点、良き協力者が10点中9点、そして永遠のライバルが10点中8点でております。

これらのことを考えると、お二人の間にある関係では、あなたのほうが結婚に内心躊躇されているようにも感じなくもありません。

それはどこか妥協といいますか、これだけ長く交際しているのだから、まぁ結婚もありかも、、、というような感覚でいて、それが彼に伝わっているのかもしれないということです。

あくまでも星の相性から申し上げましたが、彼の方があなたのことを大切に想っているようです。
しかし、恋愛面や良き協力者だけならず、ライバルという点も相性が出ているのが気がかりで、これはあなたの人格や業績が彼の嫉妬を招きかねないという事を示唆します。

2月11日生まれの方は37歳から42歳以降で第二の転機があり、創造的でより社会に積極的に関与したいと思う時期なのです。
この時期は競争相手も増え、これまでにはなかったプライドが本人に宿されます。

このタイミングでは愛情が憎しみに変化したり、嫉妬から素直になれない事があるかもしれません。


そのためあなたが彼の情動を察して傘下に入るような覚悟が必要なのですが、あなたはもともと実行力と決断力のある男性まさりのタイプのように思います。
その点がともすれば彼と衝突する場合がでてくるかもしれません。

これらの課題を乗り越えて二人がご結婚されたとして、その後もこうした課題は続くと思いますので、あなたにも、また彼にも試練の時節となるでしょう。






Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳