頂いたご相談のまとめ

ある人との今後に希望が持てるのかどうかについてです



初めまして。
悩みをどう解消したらいいのかわからず、少しでも糸口がないかと思い相談させて頂きました。

自分:1985/8/20 男
相手:1992/3/5 女

流れからお伝えすると、今年の3月に自分が入職した職場での先輩として彼女と知り合い、中頃から仲良くなり、4月末にお互い離職するまでには急速に深い仲となりましたが、離職してからはこれまで1度も会う機会がなく5月の中旬にとある事で言い合いとなりそれから殆ど連絡を取ることもなくなりました。

しかし、その言い合いに至った経緯や彼女自体を以下の内容からどうしても縁を切る事に踏ん切りができず、とはいえ関係改善の希望もないためどうしたらよいのか悩んでおります。

というのも、彼女はこれまでに家庭内暴力、自殺(衝動的に12階から飛び降りるもたまたま側溝に嵌った為たまたま生き残った)、知人による監禁、といった一般的には経験しがたい経験があり、平たく言ってしまうと、かなり特殊な感性や考え方を持っているような方です。

自覚としてはアダルトチルドレンで、その中でもケアテイカーのタイプであるとの話もあり、また、彼女には実は30代前半の同棲している彼氏がいるのですが、職場がブラックだった為心壊してしまい(伺う内容から恐らくうつ病かそれに近いものと思われます)、その彼を支える事に尽くそうとしていたみたいなのですが、彼女としては彼からの愛情を感じる事もあまりなく、いつも彼氏の顔色を伺いながら生活している事に疑問はあった様子で、そんな時に僕と出会い恐らくそういった生活から抜け出せることを期待したと思われ、自分の親にも、やっと自分の全部を出せるかもしれない人と出会えた。くらいのことを伝えていたようでした。


しかし、彼女の特殊性や普段の会話での表現の仕方言い回し等がお互い誤解を招き、解消できる糸口がないまま5月の中頃に彼女からもう耐えられないと大爆発し、そこから急速に関係が希薄になりました。

例えば、彼女にとって人付き合いの事を「メリット・デメリット」という言い方をすることがありました。

普通に捉えればまるで自分に利があるかないかという風に捉えられると思いますが、彼女的には「一緒にいて安心するかしないか」みたいなニュアンスで、あえてその言い回しをするきっかけは人間関係に悩んでいるときに家族にそういう言い方、表現で纏める事で自分に理解や納得をさせるための方便みたいなものだったようで、しかしそんな個別の状況を分からない側からするとわかりにくいですが、それは言われないとわからないと伝えても、本当に相手の事を思う気持ちがあれば言わなくてもわかるはずだ。みたいな返し方をしてくるような辛口な部分もあります。


依存体質の特徴の一つに、心を許した人にはかなりきつくなる。
みたいなのがあると何かで見たことがあるのですが、その典型なのか本当にこちらに嫌気がさしているからなのかは図りようがありませんでした。

といった彼女の特殊な感じ(ここではあえて自分が一般的な立場な言い方をしてしまいますが・・・)と、自分の感性がマッチすることが、自分としては特にお互い離職し会うことがなくなり、LINEだけでやりとりをするようになってから著しくなってきたように感じていたのですが、5月の中に彼女が大爆発したときには、これまでもマッチしない部分もあったが理解しようと彼女なりに努めていたところが自分も表現がキツかったり理解が薄かったりして、彼女の求める形にはならなかったようなんです。

自分はその大爆発があってから改めてこれまでの会話を全て見返したり思い出したりしたところで、自分の感性ではとあるタイミングでのとある会話での言われ方や言い回され方に理解が示せなかったものが、ああ、彼女の感性なら、経験なら、こういう言い方や言い回しになってもおかしくないか。と後から理解出来る事が多く、となると、恐らく彼女が自分に求めてたであろう現状からの脱却を、本当に自分が出来たはずじゃないのかと、後悔するばかりです。

ちょっと自分でも「出来たはずじゃないか」なんて考えを持つのはどうかと思う部分もあるのですがやはり後悔と、希望があるのならば改めて自分がどうにかしてあげたいという思いが強く、それによって自分が苦しめられている状況です。

また、うつ病の可能性がある彼氏についても改めて考えると、
今は彼氏の貯えを切り崩しながら二人で生活しており、彼女もそんな方なので所謂人が苦手、人見知りも度合が大きい、みたいなところなので一般的に週5で働く、といったことがしにくい方なので、つまりは彼氏の貯えがなくなったら果たしてどうするつもりなのか。という問題があるんです。

ありきたりな流れを考えると、貯金が底をつく、まだ彼氏が立ち直れない、生活ができない、彼女が稼ぐしかない、しかし彼女も週5で普通に働けない、となるともう身体を売るしか思い付きません。

また、当初は彼女が彼氏に気遣う事が彼氏の復活に大切な事のように思えたのですが、彼氏の気持ちになると、彼女の全てを許す感じ、例えば一度彼氏は彼女に言われた事に腹を立て数発顔面を殴ってしまったことがあるんですが、彼女は怒るどころか、殴らせてしまうような事を言ってごめん。くらいのことを言ったそうです。
そういう何をしても許されてしまう感じは、返って恐怖ではないかと思うんです。

そして、その彼女の尽くしてくれる事に応える事をエネルギーに立ち直れることが一番ですが、もしそれが出来なければ相当自分にも嫌気がさしていき抜け出せなくなると思うんですね。
そしてそれも彼女が許してしまっていたら、緩やかに二人仲良く堕ちていくことしか自分は想像できません。
だから例えば自分と彼女がどうこうならなかったとしても、彼女は彼氏と別れるほうが一番だとは思うのですが、二人で堕ちていくのも二人がよければ、という見方をすればある意味それでもいいのかもしれませんが、そんな二人を知ってしまった自分としてはやはり、どうにかできないものか、みたいなことは思ってしまうのでやはり後悔が付きまといます。

かなり長文になってしまって申し訳ないのですが、改めて、自分と彼女の将来には希望があるのか、このまま彼女の事を考え続ける事は自分と彼女と彼氏のためになるのか。そんなことについて悩んでしまっているので、何かどんな観点でもよいのでアドバイス頂けませんでしょうか。

宜しくお願い致します。

[管理人からの回答]


ご相談拝見しました。
まずは生誕日からの診断を、後半は私個人の意見をお伝えさせていただきます。


まず3月5日生まれの彼女の性格的な面ですが、この日に生まれた方の多くは、理想主義で夢見がちな感情が強い傾向があります。

心の痛みを実際の痛みとして感じることができる人も多く、特に困っている人や弱っている人を見ていられない面倒見の良さが特徴です。
自己表現したいと思う気持ちも強く、感性と直感の赴くままに行動し、やや無鉄砲で衝動的です。
何か熱中できるものが見つかると一心不乱にそれに没頭し、突発的な行動をとり周囲を驚かせたり困らせたりするのもこの日に生まれた方の特徴です。

5日の方角は主星に太陽が重なる影響から第六感が強まります。
加えて元来の性格的な面が影響し、基本的姿勢は受動タイプ。
つまり仕事も人間関係も自分から何かを創造するというよりは、誰かから受け継いだもの、そこにあるもの、すでに手がけられたものを踏襲し、それを伸ばす力のある方です。

しかし、そんな受動的な姿勢であるにもかかわらず、本心では自己表現したいと思うため、自分自身の中で相反する情動が交錯し、何事もうまくいかない事に苛立ちを覚えているようです。

非常に面倒見の良い方ですが、他人の問題を自分の問題とすり替えてしまう事があり、些細な問題をより大きな課題に誇張し、それを扱う自分自身がまるで社会に、またはその人物に必要なのだと思い込ませ、自己表現の一つにしているとも言えます。

また、こうした情動の時には、神経質になったり、立ち振る舞いに芝居がかった言動が見られるようになります。

こうした性格面の特徴は40歳まで続くため、それまでにこの方自身がどのように生きるべきか、自分の存在意義はなんであるのかを内観し気づく必要があるでしょう。


一方、8月20日生まれのあなたですが、どんな人物とも親しくなれる全方位万能人の性格が特徴です。
好き嫌いというものが少なく、どんな人物や物事にも原因があり、その本質を見極めようとする姿勢は、組織においても一目置かれるタイプとなるでしょう。

特に人物に対する課題意識が高く、調和と平和を何よりも愛する人です。
実利的で現実を思考する眼を持ち、愛だけでは生きていけないことを知っています。

この日に生まれた方は、その目的意識をしっかりと定めれば大きな経済的富と名声を手に入れられますが、手っ取り早く目的を達成させるために目標を下げたり、快楽を優先してしまうと思わぬ罠に陥ります。


物の価値を見極める眼を持ち、例え古いものであっても、また他の者が見向きもしない素朴な物であっても、その真贋を定め価値を引き出す力を持ちます。
こうした眼は人の心にも反映され、おおよそ一目見ただけでその人の人間的深さや思考方法などが理解できてしまうでしょう。


あなたの課題は欲望と理想の狭間で自分という船をどう進めるかが鍵となります。

時に人の役に立ちたいと強く願う自分がいれば、理想のために他を置き去りにしなければと考える自分、この二つの感情の中で揺れる自己をどう律するかが、当面のあなたの課題です。

そのためには、人生の早い段階で自分の哲学を持つことです。
自分の方針をしっかりと持つことは、人生という大海を航海する上で非常に重要な船上方針となります。



ご相談を拝見して感じたのは、彼女の幼少期の環境が今現在大きな影響を及ぼしているのではないかという点です。

特に家庭内暴力です。

暴力を受けるということは、非常に幼稚で稚拙な教育者から、自分の感情の矛先を向けられたという事が考えられます。
本来であれば、子供を教育するのには子供に考えさせ、課題を与え、時には褒め、時には罰し、愛を受けているという感覚を抱いてもらう事が大切です。

しかし、うまくいかない教育者が、怒りの矛先として暴力をぶつけてきた場合、親の愛のみに頼らざるおえない幼少期の子供から見てみると、迎合して様子を伺い、本心をひたかくして家族のバランスを取る必要が出てきます。

この感覚を引きずったまま人格形成されると、自己表現の方法がわからない大人になってしまいます。
おそらく彼女が「ようやく自分の全てをさらけ出せる人に出会えた」と言ったのも理解できます。

あなたは全方位の万人を受け入れる度量のある方ですから、おそらく彼女のそうした特異な性格面も見抜いた上で交際していたのでしょう、もしくは途中から気づいたとしても愛情と同情が入り混じり複雑な感情で交際していたと思われます。


しかし、私からみると彼女は自分から進んで今の環境へ飛び込んでいるとしか思えません。
自分の存在理由を証明するために自傷行為を繰り返す人のように、自分を頼りにしてくれる人物と接近し、依存と共依存の関係に落ち着いていると思います。

おそらくこのままでは、彼女と、現在の彼氏とが共倒れになるというあなたの予想は的中するかもしれません、しかしだからといってそれがお互いに不幸なのかどうかは、伺い知れない部分です。

この二人にあなたが介入したとしても、再び彼女は自分を頼ってくれる誰かを見つけるかもしれません。


彼女が求める自己表現が、他人からの依存によって賄われている。
それはそれで幸福と言えるかもしれませんが、あなたからみれば非常に歪んだ幸福感に見えるでしょう。
しかし、だからといってあなたの幸福感の価値観を押し付けるわけにはいきません。


ここがあなたが考えるべき課題であり、どこまで他人に介入するべきかを検討するべき時なのだと思います。



彼女の立場から考えてみれば、今の状況が本当に心地よいかと言えばそうではないでしょう。
しかし、だからといってまったく新しい状況に飛び込む勇気も持てないでいるようにも思います。
この辺りは幼少期に受けた暴力的行為によって、自己表現の欲望を表現する事がまるで悪のように感じているのかもしれません。

彼女の発した言葉の中に「本当に愛していれば言わなくてもわかる」という文言があったと思うのですが、これは、彼女自身の心の叫びとも言えます。
暴力的行為を受けてきたために本心が表現できず、きっと神様がいるとするならば、自分の本当の願望や願いを見てくれている、叶えてくれるはずだという感情が、言葉として出てきたのでしょう。

また、誰彼構わずにこうした言葉を向けたとは考えにくいです。
自分を救ってくれる可能性のある人、または理解できる人に対してだからこそ、発した言葉とも捉えられます。



今のあなたは、彼女への同情心と純粋な対人関係への介入という面で困惑している最中と見えます。
彼女には彼女の人生があると心では感じていても、出会った以上何かしらの意味はあり放ってもおけないと思うのでしょう。


ちなみに3月5日と8月20日生まれの方の間では、良き協力者としての相性が高くでております。
これは恋愛感情が過ぎ去った後でも、お互いにその人のために何かできないかと感覚的に想う感情が残り、人生を通じて忘れることのない関係になることを意味します。


刹那的な恋愛で知り合う人も数多く居るかもしれませんが、ずっと記憶に残る人、残らない人というのはこうした相性が決め手となります。
運命はあなたに、愛の本質を伝授しようとしているのかもしれません。


明確な答えにはならないかもしれませんが、私が言えるのはここまでです。
私は、今後の人生の中で極めて重要な局面にあなたが立っている居る時だと感じます。



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳