頂いたご相談のまとめ

不思議な経験の者です



こんにちは。

先日「不思議な経験」の題で管理人さんに回答を頂いた者です。

管理人さんの貴重な大切な時間を使っていただき、そして私の題について様々に思いを巡らしていただき、回答を頂けたことに深く感謝いたします。ありがとうございます。

彼とは管理人さんが言われますように前世でのつながりがあったのですね。
彼は私とは色んな意味で「共感できる部分が多い」とメールで書いておりました。
彼と初めて対面した時、愛情に飢えている子供のように感じました。彼のことを許せてしまうのはなぜだろうと思います。


彼と2度会ったのですが、会話をする中で感じたことは、彼は120歳まで生きそうな気がしました。
私よりも長生きしそうな、ある意味「したたかな運の強さ」を持っている人だな、と感じました。
「強運な人」です。
彼が私の骨を拾うような感じがしたのも事実です。

今世では結ばれないけれども、彼の幸せを遠くから見守ることにしました。
心の中できっと永遠に。


彼からもらった愛と言葉は、私の血液となり体、意識の一部になったことで世界中の人へ還元する時期が来たのだと感じます。

管理人さんの言われますように確かにエネルギーが強いほうだと思います。

変な言い方かもれませんが、強い私のエネルギーの源、私をここまで駆り立てるものは何か?と自問した時に感じたのは「いかり、闘争心」なのではと思いました。それらがないと私の場合は前進できないと思いました。前に進むための原動力が「いかり、闘争心」なのだと思います。
今は少し、やわらかくなったかな?と感じますが。

そして「強固な意志力」はこちらも確かに納得です。頷けます。
小さかった頃の私の「柔らかな意志」が年を重ねるうちにだんだんと「強固な意志」に変化したのだと思います。
それこそがきっと自分が生まれてきた理由と深く関係しているのかもしれません。

私が8歳か9歳の時に「ふと頭をよぎった思い」があります。
おそらくですが、潜在意識として小さい時に「ふと頭をよぎった思い」に今でも自分が操られているのだと思います。「ふと頭をよぎった思いの解答」に自分を知らない力が向かわせているのかなと感じました。

少女だった私は「危機感・不安感から生まれた思い」だったと推察するのですが、「将来どうやったら自分の体ひとつで稼げるのか?」。それが少女のころに感じた「ふと頭をよぎった思い」です。

今の強い意志力に関係しているのかはわからないのですが、小学5年生の時に校長先生に私は「デザイナーになりたい。」と話しました。
でも小さな少女の私はただ単に有名になりたいとか、スポットライトを浴びたいとか、お金持ちになりたいとかの意味でそのようなことを言ったのではなく、「こんなふうに作った洋服や色はきっとみんなを笑顔にできる、自分の思い描く世界感はきっとみんなにわかってもらえる」をいう小さな思いで校長先生にデザイナーになりたいといいました。

そして年を重ねた現在、あの頃の少女の夢、校長先生に話した夢を実現させたいと強く感じ始めていたのは事実です。
あの頃の少女の私との約束を守りたい、少女だった私の想いを実現させたい、させなくては、という使命感に似た感情が芽生えてきておりました。

ただの私の「独りよがりの夢物語」だとおもって聞き流してくださいね。


私はどうして今の両親のもとへ生まれてきたのか、わかってきたような気がします。
私は確実にきっと何らかの意思が働いて両親を選んで生まれてきました。

両親は私のことできっと気苦労が絶えないだろうし、たくさんの試練を背負わせてしまいました。

両親も私もある程度、覚悟はできております。



管理人さんの言葉に「天の運行にまかせる」という言葉、とても素敵ですね!励みになります!

ほんとうにありがとうございます。

これを読んでくださった方、管理人さんも幸せになってください。幸せになってほしい。

ありがとうございました。



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳