頂いたご相談のまとめ

二人の相性について



私は3月14日生まれの女で、相手は7月23日生まれの男性です。

7月23日生まれの方には、出会って早めに好意を伝えないと、友情となり平行線とかいてありました。

出会ってからはそろそろ2年になります。

元々友達としては好きでしたが、恋愛感情を感じたのはここ2〜3ヶ月の事です。

友達としては、とても仲良くしてきましたが、恋愛関係になるにはもう遅いのでしょうか?
これから出来る事は何かありませんか?

[管理人からの回答]


まずあなたは、性格的に非常に寛大で、トラブルを可能な限り回避し、人間関係の火種を消す役割があるようです。
そのため、争いが嫌いで、何か不都合があれば、自分がそれを受け入れることを率先して行うかもしれません。

感情が高まると、周りが見えなくなるほど一心不乱に走り出し、理想を追い求めてしまう傾向がありますが、概してそのような時には自分自身が見えなくなっている時かもしれませんから、この時期は詐欺や得体の知れない投資話には気をつけてください。

期待していたことと異なる結果が出たり、あなたが考えていた事と異なる事態が発生すると、特に親族、恋人、友人など、比較的人間関係が近しい人に対して八つ当たりする傾向があるようです。


一方、お相手の男性7月23日生まれの方の最大の特徴は、好奇心と冒険心が強く、理想の目的を定めてそこに邁進する現代の探検家と言えるでしょう。
自己の才能もさることながら、人心掌握術も卓越しており、多くの協力者がこのかたの元へ集うでしょう。
気の利いた言葉で笑いをとり、場の空気を和ませるのですが、本人は案外短気な性格です。

誰に対しても公平で居たいと思っておりますが、差別や偏見、劣等意識などが心に住み着いており、理想の自分と、時折顔を出すというした感情と戦っており、自分に確かな自信を持てずにいるようです。



あなたと彼との共通点は、目的に向かって突き進むという点で一致しています。
これがお互いに同じベクトルで同方向を向けばよいのですが、方向性が異なると、距離がますます離れてしまい、すれ違いの時間が増えることになるでしょう。

友達の関係は、いうなれば人間関係の第一歩は踏み出せているわけですから、あなたと接することで、彼の心の中にあなたという存在が、何かしらの影響を与える存在になれば、関係は進展するかもしれません。
友人関係から恋人へ、そして結婚されたという事例は過去にはいくつもあります。


あなたも短気な感情があり、彼にも同様の短気な感情がある点が、唯一きになる部分です。
些細なことから衝突をし、修復困難にならないよう気をつけてください。


数秘術で見る二人の関係では、恋人としての相性が60%程度出ております。



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳