頂いたご相談のまとめ

迷い



初めまして。
私は、1974年12月28日
彼は、1981年2月5日産まれです。

昨年末、年が変わる30分前より
私の勘違いのヤキモチからケンカをしてしまい、今年に入りメールをしても二回しか返信がありません。

私は、バツイチ
彼は、未婚者です。

将来を考えると、歳の差もあるし終わりにすべきか悩んでいます。

よろしくお願いいたします。

[管理人からの回答]



12月28日生まれのあなたは、知的な魅力を秘めた感受性豊な性格をしている傾向があります。
仕事熱心であり、何に対しても情熱を燃やすタイプでしょう。
しかし、それが故に頑固になったり、対人関係では優柔不断さが目立つようです。

理想主義な性格は、目的に向かって邁進するでしょうが、一度疑いの気持ちを感じたり、嫌悪感を抱いたり、裏切りの感情を持ってしまうと、それを修復するには時間がかかるタイプと言えます。


一方彼の2月5日生まれの特徴は、分析家で客観的に物事を見る性格ですが、第三者的な視点を意識するあまり、冷淡な人というイメージを与えやすく、ともすれば無関心に思われてしまいます。
性格的には短期で、すぐに成果物を手にしないと落ち着かないタイプ故に、不安があると解決方法を明確にし、それが定まらなければ夜も眠れないほどの安全志向タイプです。


誕生日を比較し、恋人、ソウルメイト、ライバル、よき協力者として相性を見てみると、あなたから見た彼は恋愛対象としては、それなりによい傾向が出ています。
それゆえ、時に心地よく、理由もなく時折あいたくなったり、惹かれ合う関係なのでしょう。

しかし、それ以外の相性はほとんどないため、精神的、魂の成長という観点からは、さほど相乗効果が見込めず、このことがお互いの関係を退屈にしているようです。


あなたがこの方との恋愛を貫きたいのなら、価値観の違いをまずは認め、成長するパートナーというよりは、居心地の良い恋人として割り切る方が賢明かもしれません。

もしあなたが恋人には愛情以外にもお互いの成長、そして目指すべき道へ共に歩むパートナーとして考えられているのなら、別の方をお探しになられたほうがよいでしょう。




Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳