寄せられた恋愛・人生相談のまとめ


自分でもよくわからない恋愛感情。



人を好きになることが、とくに異性に対して、いわゆる一般的に良く聞くものと大分ズレているのを感じます。

好きだから・・・と言って納得行かないことはとことん話したいし、嫌だなとおもうこと、間違っていると思うことは伝えたい。

好きな人から誘いがあっても、先に約束があればそちらが優先し相手もそう居て欲しいと思っています。


友人から、本当に好きなの?どこが好きなの?と質問されたり、相手本人からも、俺のこと好き?と聞かれます。

もちろん大好きですし、そんな質問をされること事自体、私としては心外で・・・
でも、伝わらないんだな~と反省しています。

言葉や態度が足りないのかな?
価値観が違うのかな?

この生年月日占いで、4月26日を調べ、まるで自分の半身のような人を求める。の1文を読んだとき「そう!そうそう!」と今までぼんやりして言葉に表せなかった思いが、文字で見て、はっきりと明確に形を得たようにスッキリしました。

同時に、私の半身などいるのかな?と不安も押し寄せています。
突然の思いつきや行動に自身でも、驚くこともあり、自分を理解できていないのに半身を見つけられるのでしょうか?

また、ちょっと変わっていることは周囲からの意見で多少自覚できているので、パートナーを見つけるのは、かなり難しいのかな?

どうしたら見つかりますか?
心がけることなどあればアドバイスください。

[管理人からの回答]


あなたのおっしゃることはごもっともだと思います。

多くの人が常識や固定概念に縛られて生きているのは残念な事だと思います。
例えば結婚していても、人は他人同士であって、どうして一緒に食事しないの?どうして同じ布団で寝ないの?などの話題がたびたび上がりますが、サバンナで生きる動物だって夫婦喧嘩はしますし、3年もすればお互い離れてゆくのです。


愛する事、貢献したい思い、相手を大切に感じる気持ち、それぞれは似ているようで微妙に異なります。
例えば貢献したい感情は同性にも異性にも当てはめられますが、だからと言ってその人と常に一緒に居たいとは思いません。

言い換えると、愛情はすべてを包括する全体の輪のようなもので、その中に貢献したいとか、大切に思う気持ちが存在します。


この世界に生きる生物の多くは、個体の個性を持ち合わせています。
一つとして同じものは存在しません。

人の感情も同じです。


人=人間という大きなくくりで見ると、手の形、足の本数、視力、寿命など多くの外枠では共通項があります。
しかし、それぞれをよく見てみると、個別の部位は全て異なりますし、感情ももちろん同様なのです。

人類は知性が発達しましたので、自らが理解できないものをなるべく排除しようとする生き物です。
そのため「好きなのに一緒に居ない事」「愛しているのに優先しない事」という説明が難しい事象を、後付けの概念で封じ込めます。


一部の方は、そうした疑問にうすうす感づいてはいるものの、言うのが怖かったり、それが当たり前だと思い表現できずにいるのでしょう。

あなたはそんな感情を素直に表現する人なのだと思います。



かく言う私もあなたと同様の意見です。
しかし、以前はそれを口にすると総じて批判されていました。
ですので、友人は極めて少ないのですが、まったく意に介しておりません。



あなたの半身となるような人物との出会いはあなたの運命、宿命でもあります。
おそらく今世だけでなく、前世からも引き続き探している事でしょう。

そうした大切な人との出会いの糸口は、あなたが直感や肌で感じる事で、他人には全く分からないのです。



あなたの性格や考え方を無理にゆがめる必要はありませんし、批判されたり、離れてゆく人は、しょせんその程度の縁だったのです。
お役に立てなくて申し訳ありませんが、人との出逢いをどうぞ楽しんでください。
恋愛と人生相談のフォームへ寄せられた質問の一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.