寄せられた恋愛・人生相談のまとめ


自殺願望から抜け出したい



何もかもが不安で仕方ありません。

自意識過剰は治らないし、プラス思考に全くなりません。
「他人はあなたを幸せにするために生まれてきたのではない。よって、人に冷たくされても気にするな」
と言われて納得しても、明日になれば忘れます。
そして、インナーチャイルドを癒すことを考えても効きません。


現状に感謝することを忘れ、人の目を気にし、努力の仕方、勉強の仕方がわからず仕事ができない、話が面白くない、友達や話せる人がいない・・・

毎日自殺願望で号泣する。

人生が楽しくない。
社会府適合者、趣味もない。

小さな幸せに満足できない。

老化に対する恐怖感、将来の恐怖感。
生きている意味がわからない虚無感。
会社の中に生き甲斐を持てない能力の低さ。

全てが自ら不幸に浸っています。
プラス思考の方法がついにわからなかったからです。


死なないためだけに人間関係に悩み働く苦痛。
それと引き換えに得られたものは、わたしにとって価値がなく、天秤にかけると働かず餓死するほうが幸せでした。

生き地獄だからです。
そこまでして生きたいと思えませんでした。

どうしたら活気がでたり前向きになれるのか、知りたいです


6月21日
自分を愛すことがテーマ。

[管理人からの回答]


まずあなたにお伺いしたい事があります。

人はそれぞれに役割をもって生まれています、他人と自分を比較する必要はありませんし、社会に無理して迎合する必要もないと私は思います。

相談内容を拝見すると、あなたは自分の中にある理想的な自己像と、現在の自分を比較し、激しい自己嫌悪状態にあると思います。
しかしそれは、通常では体験できない貴重な経験をされているともいえるのです。


自意識過剰ということは、あなたの中に潜む自己を表現したいという願望が、その才能を発揮したいという事ですし、プラス思考になれないということは、少なくともそれが理解できている状態でプラス思考なのです。

捉え方が少しずれているだけで、私から見たらあなたはとても前向きだと思いますよ。

私はプラス思考、マイナス思考という小さな枠組みでさえ飛び越えた、無の空間に入る事が最も重要だと思っています。



不安の正体は、あなたが”明日も生きている”という確実な自信があるから起こる現象です。
人はだれでもコントロール不能な未来に不安を抱きます。
もしあなたが不治の病で余命1ヶ月だとしたら、10年先の不安はありますか?
おそらくないでしょう。

つまりあなたは、漠然と「きっと明日もある命」と理解しているから、漠然とした不安を感じるのです。


不安を解決する方法は1つしかありません。
それは、不安感に対処する能力を持つ事です。
そしてその能力を養うには、今日、つまり今を全力で生き抜く事でしか体得できません。



毎日号泣するくらい、あなたは社会に貢献したい人物になりたいのだと思います。
そんな優しく逞しい人物はなかなかおりません。
世の中の多くの方は、自分の事で精いっぱいです。

明日の食事を気にし、将来の安泰を考えており、自分が世の中に何が貢献できるかという感情に到達するのは相当先です。


趣味がないのではなく、あなたの価値観を刺激する事がまだ見つかっていないだけでしょう。
様々な物事にちょこっと手をだしながら、続かないことで自分を責めないようにしてくださいね。

人は自分の器の大きさに合わせて興味関心は変化してゆくものです。



それから、あなたは受け取る事を考えすぎのようにも思います。
何か楽しい場所や、物事にアクセスする事で楽しませてくれる何かを探していませんか?

大切なことは、与える事だと思います。
相手にどのような態度をとられても、あなただけはただひたすら与える事だけに終始していれば、他人を恨むこともありませんし、与えるために自らが何かを得たいと思います。

与え続ける事はマイナスだと思うかもしれませんが、そうではありません。
この世界で最も強い心の状態とは、見返りを求めずに愛を与え続ける感情です。


あなたの知識、能力、優しさを、今日から出会う全ての方に見返りを求めず、平等に公平に、損得勘定を気にせず与えてみてください。

人は与える事で新たな知識や能力が獲得できるものなのです。


自分の中が空っぽになるまで与え続けると、あなたの心を覆っていた布が剥がされ、本当に輝く心の本質、あなたがやりたい事、生かされている事への気づきを、頭ではなく感覚で理解できるようになるはずです。



自殺願望があるのなら、与える事など容易でしょう?
私は、あなたのような体験をしている方には、特別な使命があると思えてならないのです。
恋愛と人生相談のフォームへ寄せられた質問の一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.