寄せられた恋愛・人生相談のまとめ


恋愛相談をさせて頂きたいです。



はじめまして。

1995年7月15日の生まれの者です。

私は、12月14日生まれの同い年の男性と約8ヵ月間お付き合いさせて頂いてましたが、3ヶ月ほど前に彼からの提案で別れることになりました。

どちらからともなく惹かれていき、付き合い始めました。

交際してる間、彼は不器用ながらも私に尽くしてくれていましたが、私は素直になることができず、次第にすれ違っていきました。

別れる時には、彼から「付き合っている間も僕の片想いだと思っていた」と言われました。そのうち「好き」というものが何かわからなくなって虚空になった、と。


別れて1ヶ月半後に2人で話をする機会があり、私が「まだ好きだけど頑張って忘れる努力をしている」と彼に言ったら、「今は(私のことについて)考えることを放棄している」「30、40歳になるまで誰かと付き合うことはしない」などと言われました。

私はそれでも彼のことを温かく思っていますが、いざ彼を目の前にするとどうしていいかわからず、彼も気まずそうにしています。
彼とは同じサークルなので、嫌でも会います。


よりを戻さなくても、彼が幸せならそれでいいと思っていましたが、もう一度やり直したいとどうしても考えてしまいます。
でも、彼からしたら迷惑だろうし、きっぱり諦めるべきかとも思います。
どうしていいかわかりません。

彼との相性を見ていただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。

[管理人からの回答]


こんにちは管理人です。
ご相談を拝見いたしました。

同じサークルで、、、とあることはお互いに同じ学校で同じコミュニティーに参加されているようですね。

人は、接触回数が多くなると、その人に好感を抱くようになります。
彼もあなたも、そんな必もそばに居るお互いが、なんとなくよく見え、自然な成り行きでお付き合いに発展したのでしょうか。


まずあなたの誕生日について7月15日ですが、お相手の方の誕生日12月14日への数秘術的な相性は、以下の4つの「恋愛」「協力者」「ソウルメイト」「良き友」という
カテゴリーでは、どれも該当していませんでした。

一方、彼の12月14日の誕生からあなたを見ると、僅かですが恋愛とライバルという相性があり、これがきっかけで彼からあなたへのアプローチがあったのかもしれません。


ご相談を拝見していて感じたのは、あなたは彼に関してはさほど強い好意は感じないように思ったのですが、もしそれが事実なら、彼の言う通り、自分の片思いの関係だったというのが正解でしょうね。


今回の恋愛について私が想う事は、あなた自身がこの時期に、なぜ彼に出会い、交際する事になったのか?という点です。

人は自分では意識していないけれども、様々な試練や成長の機会が与えられます。



ここからは私の個人的な感想になります。

あなたが何事に対しても淡々としており、なかなか物事に熱心になれないとするならば、無理をして他人に同調する必要はないでしょう。

無理をして相手に同情や同調をして帳尻を合わせても、結果的にこのような感じになるのです。

恐らくあなたは、これまでにも同様の事を異性だけでなく、同性の友人でも経験したのではないでしょうか。

あまり関心はないけれど、仕方なく女子のサークルに居るとか、もしくは親や周囲に良い面を見せるために、自分を装うような態度です。


しかし元来あなたの中にある孤独感や寂しさ、そして何か心が満たされない物足りなさが強いあまり、何もしていないよりは、何かしていたほうが安心するという理由で、行動を起こしてしまいます。

そしてその本心とは異なる態度で接してしまったために、自己嫌悪するのです。



さて、あなたは彼と再びよりを戻したいと思っているとのことですが、前述したとおり彼から見れば、あなたは恋愛対象とライバルという二つの異なるカテゴリーで相性があるようです。

彼から見ると、あなたの生き方や能力において、恋愛感情以外に嫉妬心などが隠れている場合もあります。
もし後者が強い場合には、よりを戻すのは難しいでしょう。


しかし、あなたが再び彼に対してアプローチをしたいのなら、自然体で過ごす以外にないでしょう。

男性は一度関心を失うと、見事に興味が減退してゆきます。
しかし、その女性が活き活きとし、輝いている場合には話は別です。
男性は追いかけたい生き物ですから、再びあなたに関心を抱く可能性が現れます。


よそよそしくして彼に接近すると、避けられてしまう可能性が高くなってしまいます。
好意があるのなら、敢えてそれを隠して輝く自分を見せる事も必要なのだと思います。
恋愛と人生相談のフォームへ寄せられた質問の一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.