頂いたご相談のまとめ

上司との縁について



4年前からお世話になっている職場の上司がおります。

過去の上司達が見逃してきた色々な問題も解決しとても仕事のできる方です。


個人的にも人間関係の事では相談にのって頂き感謝しています。
できればこのままずっと一緒に仕事がしたい気持ちです。

上司は1月1日生まれで私は6月13日生まれです。
二人の相性、縁などを教えて頂きたいです。

宜しくお願い致します。

[管理人からの回答]


まず1月1日生まれの、あなたの上司から見たあなたとの相性ですが、よき協力者が10点中8点、ライバル関係が同じく10点中8点出ております。

しかし、より深く見てみると、よき協力者の方はこれから数年間継続する相性なのですが、ライバル関係は過去の相性ですので、今はもうありません。


一方あなたの誕生日6月13日から見た上司の方との相性ですが、恋愛面が10点中7点、よき協力者が10点中8点出ておりました。

そして恋愛面の相性はこれから強くなる傾向にあり、よき協力者もこれからが強くなる相性です。

どちらかというと、上司の方よりもあなたの方が強い感度をお持ちのようですが、それが誕生日の相性にも出ている状態です。



この上司の方は51才を超えたあたりから人生の大きな転機があるかもしれません。
感受性が増し、創造的な仕事や趣味を発見するかもしれません。
同様に新たな人間関係の発掘や出会いがあり、その人との出会いがその後の人生に影響を与える可能性があります。

6月13日生まれの方は、目に見えるものよりも見えないもの、例えば雰囲気や空気を察する力、そして相手の方の性格や考えていることなどを見抜く鋭い嗅覚、感性があります。

そして40才を超えたあたりから才能を伸ばすことに夢中になれるものを見つける可能性があります。

しかし、それまでの人生は比較的地味なもので、特に不安への恐怖から安定を強く求めるでしょう。
そして、それが保守的な性格として表に出て、素直になれない自分自身との戦いが続くはずです。



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳